中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 前田昌宏の中学受験が楽しくなる算数塾 -> 計算力の練習問題 ->1週間ぶりのご無沙汰です。

1週間ぶりのご無沙汰です。

計算力の練習問題2010年11月15日12時58分
お元気ですか?

1週間ぶりのご無沙汰、中学受験算数必勝マニュアル「親が教える子どもの弱点克服術」(扶桑社)の著者、前田です。

「日常生活と中学受験算数」について感じたことを書いていますが、今回はその第2回目です。

今日も、計算について少し…。

お子さんのご相談の中に、「計算間違いをする」、「計算間違いがなくならない」ということでお悩みのお母さんがおられます。

そのようなお子さんのテスト用紙には、ある共通点が見受けられます。

それは、計算が問題の左側に書かれていることです。



わたしもテストの時間が足りなくて、試験時間を節約するために、計算用紙ではなく問題の左に計算を書いては間違えることをよく経験しました。左隅に書くと計算スペースが詰まってしまったり、問題文と重なってしまったりするので、途中を省略したくなってくるんですよね。

それを解消するために、「テスト用紙をどう折れば裏の白い部分を上手く使えるか」 をあれやこれやと試してみたものでした。

みなさんは計算欄をどうやって作り出していましたか?

計算力の練習問題2010年11月15日12時58分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の前田昌宏
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である前田昌宏が算数の面白い問題や入試問題を実例に図表やテクニックを交えて解説します。