中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 前田昌宏の中学受験が楽しくなる算数塾 -> 割合の練習問題 ->「比と割合 その5」 苦手かも…?

「比と割合 その5」 苦手かも…?

割合の練習問題2011年08月15日20時41分
アブラゼミ!

お元気ですか。


近づいても逃げなかったので、モデルになってもらいました。
身近な存在のこのセミたち、モデルになってもらったアブラゼミ以外、
自然界での生態は結構わかっていないそうです。

お子さんが「比と割合」も得意としているか、それとも苦手なのかも、案外わからないもの?

では、チェックしてみましょう。(久しぶりに出ました! 強引な展開…。)

次の2つの問題、どこがちがいますか?

【問題1】
太郎くんは昨日までに夏休みの宿題の1/2を終えました。今日、夏休みの宿題の1/10を終わらせると、夏休みの宿題はあとどれだけ残りますか。

【問題2】
太郎くんは昨日までに夏休みの宿題の1/2を終えました。今日、夏休みの宿題の残りの1/10を終わらせると、夏休みの宿題はあとどれだけ残りますか。

2つの問題文を見比べると、
「夏休みの宿題の1/10」と「夏休みの宿題の残りの1/10」の違いに気づけますね。

比と割合の問題を解くときの最大のポイントは、
「何を元とした割合なのか?」に注意がいくかどうかということです。

「問題1」は、「夏休みの宿題全体」を元にした「1/10」、
「問題2」は、「昨日までに終えた夏休みの宿題の残り」を元にした「1/10」です。

このことがわかっているかどうかは、
線分図をお子さんに書いてもらうと判断できますよ。


線分図がこんなふうにかけていればOKです。
※○や□の有無はここでは問わないことにします。

「最小公倍数」タイプのお子さんは、
普段、線分図を利用しないかもしれませんね。

その場合、

問題1では
夏休みの宿題全体=⑩
昨日までにした宿題=⑤
今日する予定の宿題=①
⑩-(⑤+①)=④

問題2では
夏休みの宿題全体=⑳
昨日までにした宿題=⑩
今日する予定の宿題=①
⑳-(⑩+①)=⑨

のような説明ができればOKです。

比と割合をならったばかりのお子さん、
もう6年生なんだけど「怪しいぞ」というお子さんは、
まずこの部分ができているかどうかをチェックしましょう。


割合の練習問題2011年08月15日20時41分
主任相談員の前田昌宏
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である前田昌宏が算数の面白い問題や入試問題を実例に図表やテクニックを交えて解説します。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.