中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 前田昌宏の中学受験が楽しくなる算数塾 -> 受験算数と塾の使い方 ->今週、「ss-1メソッドで算数の特典を一気に伸ばす!」が発売されます!

今週、「ss-1メソッドで算数の特典を一気に伸ばす!」が発売されます!

受験算数と塾の使い方2012年02月13日20時35分
本!


お元気ですか。

今週は告知です。

「SS-1メソッドで算数の点数を一気に上げる!」が
大幅に加筆され、改訂出版されます。


なんと、国語、理科の同シリーズも同時出版です!

現在はその追記、改訂作業も完了し、
「SS-1メソッドで算数の点数を一気に上げる!」を購入くださった方への
特典を作成中です。

特典はいくつかあるのですが、
そのさわりを今日はご紹介します。

平成24年 灘中学校 入試問題 算数(第1日)


池のまわりを1周する遊歩道があり、A、Bの2人がそれぞれ一定の速さで歩きます。スタート地点から2人が同時に出発し、逆向きに池のまわりを歩くと、6分後に2人は初めてすれ違います。また、スタート地点から2人が同時に出発し、同じ向きに池のまわりを歩くと、Aがちょうど4周し終わったときに初めてBを追いこします。Aは池のまわりを1周するのに□分かかります。

(考え方)
この問題の条件は
ア:同時出発→逆向き 6分で出会う
イ:同時出発→同じ向き Aが4周して初めてBを追いこす
の2つです。

アの条件からは、
(Aの速さ+Bの速さ)×6分=池1周 がすぐにわかりますから、

もうひとつの条件イから、
何がわかるかを考えれば良いことがわかります。

すると、Bはいわゆる「周回遅れ」ですから、
4-1=3周していることに気付けますね。

つまり、Aが4周するあいだにBは3周したので、距離の比は4:3
→ 速さの比も④:③です。

「池タイプの旅人算」では、「距離=池1周」ですから、
(④+③)×6分=池1周=④×□分 → □=10.5
とわかります。

今回の特典では、
1月14日の中学入試以降、
ブログに掲載してきた「今年の1問」よりも
さらに多くの問題をご紹介します。

この「SS-1メソッド~」シリーズは
紀伊国屋さんの新宿本店、渋谷店、梅田店や
上本町近鉄ブックセンターなどにならぶ予定です。


「でも、ちょっとお待ちください!」
(どこかで聞いたセリフ?)

1月22日ころから予定されている「アマゾン・キャンペーン」、
つまりネット書店のアマゾンでご購入いただくと、さらに特典があります!


というわけで、詳しくはSS-1のメールマガジンをご覧くださいね!(^^)!


受験算数と塾の使い方2012年02月13日20時35分
主任相談員の前田昌宏
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である前田昌宏が算数の面白い問題や入試問題を実例に図表やテクニックを交えて解説します。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.