中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 前田昌宏の中学受験が楽しくなる算数塾 -> 算数の成績アップ勉強法 ->春休みの活用方法

春休みの活用方法

算数の成績アップ勉強法2016年03月19日18時00分

第279回 「春期講習の活用方法」


塾での新学年が始まり、まもなく2ヶ月をむかえようとしています。


ということは春休みがもうすぐ始まるということです。


学校の長期休業は時期に応じてその活用方法が異なりますが、
春休みは「出遅れを取り戻す」のにピッタリです。


というのも春休みは
自分のための学習時間が最も取りやすい長期休業だからです。


夏休みに開講される夏期講習は、
塾での学習時間(=拘束時間)が長い上に、
加えて塾の平常授業(夜間)が並行して行われる塾もあります。


冬休みは、
6年生は受験直前機ですし、
他学年は1ヶ月後に塾学年が上がるための準備も必要です。


その点春休みは、
春期講習の授業時間だけでなく日程も短い上に、
平常授業もありません。


日数は夏休みよりも短いですが、
その分、計画も立てやすいともいえます。


その計画を立てる上で大切なことが2点あります。


(1)春休みに取り返したい学習は何かを明確にすること

(2)春期講習で学べる内容を知ること 


塾の春期講習を有用なものとするためには、
春期講習で行われることを知り、
その準備をしてから受講することが必要になります。


また、これにより、
春期講習で取り戻せないことが何かもわかりますから、
どの弱点を家庭学習で行う必要があるかも判明します。


そして、その弱点を簡単に洗い出してくれるのが
2月、3月に行われた塾の実力テスト(公開模試や組分けテストなど)です。


そこで今回は
塾の実力テストを利用した弱点の洗い出し方
についてみていきたいと思います。


ここではサンプルとして、
2016年3月6日に行われました、
「サピックス 3月度 入室・組分けテスト 新6年(現5年) 算数」
を取り上げてみます。




2016年3月6日実施 サピックス 3月度 入室・組分けテスト 新6年(現5年) 算数 より 

大問1-(2) 1.23×3+3.69×17-0.69×18 


分配の決まりを利用する計算問題です。

チェックポイントは1つです。

分配の決まりを利用しているか 
1.23×3+3.69×17を3.69×1+3.69×17
または
1.23×3+1.23×51 に直す 




大問1-(3) □÷6 1/4-0.108÷(3/8+0.025)=1/4 


小数と分数の混合計算です。


この問題のチェックポイントは2つです。

(1)0.025を分数に直しているか

(2)0.025を25/1000を使わず、直ちに1/40に直せているか 




大問1-(3) 3.2L-2500mL+0.0161m
3-1.8dL=□cm3 


単位換算の問題です。


チェックポイントは1つです。 


単位を何にそろえているか 


答えの「cm
3」にそろえてもよいのですが、
「0.0161m
3」に着目して、いったん「L」にそろえて計算すると
「0」や「小数点」の処理が楽になることを意識できているか 




大問1の計算問題は「正誤」だけに注意がいきがちですが、
「どのような計算をしているか」によって、
学習の到達レベルを確認することができます。


計算問題を処理するレベルが高いほど、
「ミス」が減りますし、計算速度も上がります。


これから問題を処理する上で計算回数が増える、
新学年の問題に取り組むことを見据え、
大問1のような計算問題をぜひチェックしてみて下さい。




小問集合(=知識問題)の大問2にも、
知識の定着以外のチェックポイントがあります。




大問2-(1) 90以上900以下の整数のうち、9で割り切れるが27で割り切れない整数は□個あります。 


倍数の個数に関する問題です。


ベン図以外のチェックポイントは2つあります。


(1)90÷9ではなく、89÷9としているか
(90÷9=10個の場合でも、その後で1個を取り除いて9個にしていればOKです)

(2)(1)ができている場合、
別解として
900-90=810より810÷9=90 90+1=91個という工夫ができるか 




大問2-(3) りんご5個とみかん5個の代金の合計は1200円で、りんご4個とみかん6個の代金の合計は1110円です。りんご1個の値段は□円です。 


消去算の問題です。


チェックポイントは2つあります。


(1)りんご5個+みかん5個=1200円を
りんご1個+みかん1個=240円に直してから解いているか 

(2) (1)ができている場合、
別解として
「りんご5個+みかん5個=1200円とりんご4個+みかん6個=1110円」から、
りんご1個の方がみかん1個より90円高いので、
(240+90)÷2=165円という工夫ができるか 




大問2-(4) ある年の3月21日は木曜日です。同じ年の12月3日は□曜日です。 


日暦算の問題です。


チェックポイントは3つあります。


(1)「お化け日暦」が使えているか 
12/3=11/33=10/64=9/94=8/125=7/156=6/186=5/217=4/247=3/278 

(2) (1)ができている場合、
(278-21)÷7=36週あまり5日後なので火曜日 の別解として、
21÷7=3週あまり0日 278÷7=39週あまり5日 ミニカレンダーを書いて火曜日
を求める工夫ができるか 

20160316172401.jpg(3)「ぐるぐるカレンダー(右図)」が使えるか 







大問2-(5) 0、1、2、3、4の5枚のカードが1枚ずつあります。これらのカードを使って3けたの整数をつくるとき、大きい方から15番目の整数は□です。 


場合の数の問題です。


チェックポイントは1つです。


樹形図が理解できているか 


樹形図が理解できている場合、
20160316172427.jpg右のような樹形図(の一部)または計算式と少しの書き出しで正解できます。 








大問2-(6) 5時43分のとき、時計の長針と短針がつくる角のうち、小さい方の角の大きさは□度です。 


チェックポイントは1つです。 


□時○分の角を、
30度×□時と5.5度×○分の差(180度より大きいときは、さらに360度から引きます)、
20160316172452.jpg実際に□時○分の図(右図)を書いて求める、
という2つの方法が使えるか 









基本的な解法が2つあれば2つとも使えるかどうかが、

今後の学習と学力の伸びに影響します。 




大問2-(8) ある品物に、480円の利益が出るように定価をつけました。この品物を定価の3割引きで売ったところ、利益は仕入れ値の1割2分でした。この品物の仕入れ値は□円です。 


この問題も前問同様、2つの解き方ができるかがチェックポイントです。

20160316172541.jpg

解法1で正解できる場合、別解としての解法2が使えるか 




ここまで、
塾の実力テスト(公開模試や組分けテストなど)を利用した弱点の洗い出し方を、
「2016年3月6日実施 サピックス 3月度 入室・組分けテスト 新6年(現5年) 算数」の
大問1~2を例にみてきました。


4年生が5年生の学習で、
5年生が6年生の学習で「失速」するひとつの理由が、
「理解度の浅さ」にあります。


テストの計算問題や小問集合は
解法知識の定着を確認するためにしばしば活用されますが、
もう一歩踏み込んだ分析を行うと、
現時点での本当の理解度が見えてきます。


ここでご紹介しました問題以外に、
大問3の図形問題の小問集合からも
判明する弱点があります。


いずれにしても
「正解できているから大丈夫」と思わず、
計算問題や小問集合のように、
これからの学習の基礎となる部分が
「深く、幅広く理解できているか」を確認していくと、
これからの学習も違ったものになってくると思います。

mflog.GIF

算数の成績アップ勉強法2016年03月19日18時00分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の前田昌宏
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である前田昌宏が算数の面白い問題や入試問題を実例に図表やテクニックを交えて解説します。