中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 小川大介の中学受験合格を実現する逆算受験術 -> 取材・出版・セミナー ->毎日新聞社の取材を受けて

毎日新聞社の取材を受けて

取材・出版・セミナー2009年12月15日08時57分
昨日は、忙しい一日でした。
朝はセミナーの実施。
中学受験をする子を、親としてどのように支えていけばいいのか、お話しさせていただきました。
皆さんとても熱心に参加してくださいました。
セミナーでの学びを生かして、親子関係、国語学習などの質が向上していけばいいなと願っています。

さて、昼は時事通信社の記者さんとランチをしながら、教育現場の現状について意見交換を行いました。
学習の面でも、教育の面でも、家庭の機能、家庭を支える周囲の機能、学校の機能、などを見直していくことが大切だなと改めて思います。
これからも記者さんとは情報交換をしていくことになりました。

さらにその後、次は毎日新聞社の記者さんから取材を受けました。
なんでも中学受験にチャレンジしているご家庭を追跡取材なさっているそうで、
大手塾に個別指導をプラスするスタイルについて、SS-1の実情を知りたかったようです。

が、お話をしているうちに、そのモデル家庭がおかれている状況がかなり深刻な状態になっていることが判明。
個別指導の一般論ではなく、ついつい、そのご家庭のカウンセリングをしてしまいました(-_-;)

小5になったころから成績が少しあやしくなり、
夏休みにがんばったけれど、好転せず、
秋になってますます成績が下降している、
お母さんもできるだけのことをしてきただけに、どうしたらいいのかパニック状態

・・・大手塾に通われている方で、「勉強しているのに成績が下がる」ケースの典型例ですね。
本当は夏前に手を打てれば良かったのですが、今からでも手を打つに越したことはありません。
取れる手立てをできるだけ紹介し、記者さんからそのご家庭にアドバイスしてもらうこととなりました。

でつくづく感じたのですが、
「中学受験で上手くいかない時、相談できる場所がある」ということをご存じないために、
一人苦しんでいるお母さんが本当にたくさんいらっしゃるのだなぁ、と。

困り切ってしまう前にご相談いただけるよう、SS-1のことをもっと多くの方に知ってもらいたいなと、思った次第です。
がんばらなきゃいけませんね!
取材・出版・セミナー2009年12月15日08時57分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の小川大介
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である小川大介が中学受験に関するご家庭でのお悩み解決を中心に様々な情報をお届けします。