中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 小川大介の中学受験合格を実現する逆算受験術 -> 中学受験 ->センター試験

センター試験

中学受験2010年01月28日08時44分
先週の話ですが、高2の生徒を指導する際、今年の大学入試センター試験を扱いました。

その生徒の学校では、センター試験実施直後に、高2にも実戦さながらに取り組ませるのです。

全国有数の進学校ゆえ、数学などは学年の半数近くが200点満点を取るようで。
(今年の数ⅠAはかなり難しかったようなのですが、それでも結局は200点を取る子がざらに居るのですねぇ)

その子が、「先生、国語160点なかった」などと言うものですから、
「何してんねん!170点は取っとこうや!」と、思わず口に出しました。

実際、彼の力量からすれば170点は問題なく取れるはずなのです。例年の問題なら。
数学や英語を得意にしている一方、国語については昔から苦手意識を持っている子なので、
「あ~、面倒になって途中でつまらない間違いをしているんだろうな」
と、思ったんですよね。

「そんなん言うんやったら、今教えてや!問題持ってるし!」と彼が反応し、
予定していた内容を急きょ変更して、指導の前半をセンターの振り返りに充てることとなりました。

で、本人が「難しい!」と言い募った古文から見ていくことに。


いやぁ、びっくりしましたね。

今年のセンター古文は難しい!
いまだかつてないぐらいに注釈がたくさんついているのですが、それもそのはず、
和歌が6首も出てくる長文で、人物関係の読み取りに一苦労する内容でした。
もちろん基本的な内容把握問題、基本的な文法問題も出題されているので、5割、6割取るのはそれほど困難ではありませんが、
8割、9割となるとなかなか苦しい。

センターのチェックはまだしていなかったので、初見で解いていく羽目になりました。
いやいや焦った(-_-;)
生徒の前で間違えたら恰好がつきませんから(笑)

ま、なんとか正解も導け、本人が解答を導けるように指導することもできました。
ホッ(^_^;)

しかしセンター国語については、多くの受験生が、
古文・漢文を先にこなして、それから現代文という手順を取っていると思うのですよね。

時間配分が上手くいかなくなった時、試験途中でも計画を修正して残り時間を有効に使えたかどうかで、
大きく差がついたことでしょうね。


メンタルの強化はテスト力に欠かせないなぁと、改めて思った体験でした。
中学受験2010年01月28日08時44分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の小川大介
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である小川大介が中学受験に関するご家庭でのお悩み解決を中心に様々な情報をお届けします。