中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 小川大介の中学受験合格を実現する逆算受験術 -> 個別指導の講師の日常 ->嬉しい半面・・・

嬉しい半面・・・

個別指導の講師の日常2010年02月10日07時29分
先日、SS-1で学習カウンセリングを受け、その後、国語の体験授業を受けてくださった方からメールが届きました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

小川先生
今日は体験授業を受けさせていただきまして、本当にありがとうございました。
本人は帰り道、すがすがしい顔をして
「サピの25回分の授業が一度で分かった気がする。今までってなんだったろう」と、
また家に帰ってから父親に
「どうだった?」
と聞かれるとうれしそうに
「ぼく、国語できるようになるかも!」
と報告し、主人もとても喜んでくれました。
夜寝る前には今まで嫌がっていたA授業のテキストにも取り組みました。
これから大変なこともたくさんあると思いますが、家族みんなで○○を支え、協力
していこうと思っています。
これからどうぞよろしくお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

素敵なメッセージです。
中学受験という経験を通じて、ご家族の絆がより一層深く強くなってらっしゃる、
素晴らしいご家庭だと思います。
授業の内容に満足くださったことも、とても嬉しく思いました。

ただその半面、少し気になることもあるのです。

と。

自由が丘に教室を開いて以来、感じていたことなのですが、
関西でいただいてきた反応の3,4倍強い反応を感じるのです。
もちろん、関西で10年間SS-1をやってきた間、十分に評価もしていただきましたし、
感謝の言葉もたくさんいただいてきました。

ですが、首都圏の方の感激ぶりには、正直戸惑う時があります。
「一体、これまでどんなクオリティの学習サービスを受けてこられたのだろう??」と。
先日も個別指導の在り方について、疑問を感じた日記を書きましたが、改めて感じます。
首都圏の学習サービスは、もっとクオリティを高めていく必要があるんじゃないか?
お子さんの将来を考えて、必死で支えようとなさっている保護者の方の思いに、もっともっと真摯に応えるべきではないのか?

私たちは、会員の皆さまからいただくご支持に甘えることなく、これからもSS-1クオリティを高めていきたいと思います。

来年も、体験授業を受けたお子さんが、すがすがしい顔を見せてくださるように。
個別指導の講師の日常2010年02月10日07時29分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の小川大介
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である小川大介が中学受験に関するご家庭でのお悩み解決を中心に様々な情報をお届けします。