中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 小川大介の中学受験合格を実現する逆算受験術 -> 国語の学習 ->サピックスの4月マンスリー

サピックスの4月マンスリー

国語の学習2010年04月14日22時23分
4月に入り、サピックス(SAPIX)の小6生にとってはハードな日々が連続しますね。
なんといってもこれからはテストの連続で、息もつけなくなります。
どこかでほっと一息つきたいところなのですが、マンスリーテストとオープン模試は連続するし、
世間はゴールデンウィークの中、子どもたちはGS特訓でたっぷり勉強だし、
7月のテストではいよいよSS特訓のコースが決められることになるし。

来年1月後半からの入試の日々で希望をかなえていくために、どんな時でも実力を発揮できるように鍛えてやろうという塾の心意気は分かるものの・・・
やっぱり、きついですよね( >Д<;)

この時期、子どもたちにとって一番の励ましは、「実際にテストで良い点数を取らせてあげること」。
これにつきます。
鶏と卵ではありませんが、結局、目に見える結果ほど子どもを鼓舞するものはないわけです。

SAPIXの小6生の場合、この4月10日のマンスリーと11日のオープンで良い結果を出せることは、
5月のマンスリー、そして6月のマンスリー&オープンにつなげていく気力をかきたてる重要ポイント。

そのためには、春休みをいかに過ごすのかが重要だったのですね。
重要単元を一気に復習する構成になっている春期講習期間に、10日のテストに向けての対策を計画で来ていたかどうか、ということです。

今日、会員の方々からFAXが届きました。

「小川先生 4月マンスリーの結果が出ました。なんと・・・国語は104点/150点で偏差値59.8でした。
男女別だと国語は偏差値60.5でした。とり急ぎご報告いたします。本人もとても喜んでいます。」

2月の組分けテストと3月の復習テストでは期待通りの結果がでずに、「やっぱり国語は簡単には成績が上がらないのですね・・・」と、
意気消沈なさっていたお母さんの顔が思い出されます。

プロ野球も気になるし、友達とも遊びたいし、色々と気持ちが惹かれることがあるなりに、
勉強に本腰を入れてがんばろうと心に決めた春休み。
母子でがんばって勉強に取り組んできたのでした。

本当に本当に良かったです。

Iくん、まずは7月組分けまで、一緒にがんばっていこうな!!!
偏差値8アップは君とお母さんの努力の成果だ。
ますますアップさせて目標をかなえていこうね♪
国語の学習2010年04月14日22時23分
主任相談員の小川大介
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である小川大介が中学受験に関するご家庭でのお悩み解決を中心に様々な情報をお届けします。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.