中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 小川大介の中学受験合格を実現する逆算受験術 -> 中学受験 ->ゴールデンウィークの手ごたえ

ゴールデンウィークの手ごたえ

中学受験2010年05月08日07時26分
ゴールデンウィークが明けて、自由が丘教室でも、子供たちが熱心に勉強しています。

特に6年生は、それぞれにテーマを決めてしっかりと勉強を進める連休でした。
連休前の指導で計画立てたことを、十分にやり切った子供たちは、一皮むけたような表情を浮かべています。
わずか数日のことですが、自分の意思でやるべきことをやる経験を積むと、自信になるのですね。

サピックスのお子さんは、GS特訓で3日から5日の三日間、一日中勉強に明け暮れてきました。
SS-1の子供たちは、GS特訓の毎日のテストが励みになったようです。
開成コースで最終日に1位になったお子さん、
いつもの偏差値より一つ上のランクのコースに入れてもらえて、気合が高まったお子さん、
皆それぞれに収穫を得たようです。

日能研や四谷大塚のお子さんは、休みがしっかりと取れた分、
弱点補強に集中する日と、家族でお出かけをする日とメリハリをつけて過ごせた子が多かったですね。
六年生も五年生も、遊ぶ時はちゃんと遊ぶことも大切です。
心の満足を得ることで、連休明けにがんばる力がわいてきますからね。

ただし、ゴールデンウィークの学習は、連休明けの数日間をいかに過ごすかによって効果が変わってきます。
連休中に問題を集中的にこなした場合は、連休明けに少しずつ振り返りの機会を設ける必要があるのです。
また、これまで積み残していた学習を連休中に解消したお子さんは、連休明けからはその週のうちにその週のことを消化吸収できるサイクルを形作っていくことが大切です。

こういった計画性を持つことで、6月の過ごし方が変わってくるのですね。

気持ちを引き締めて、できるようになることを楽しんで、がんばっていきましょう!
中学受験2010年05月08日07時26分
主任相談員の小川大介
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である小川大介が中学受験に関するご家庭でのお悩み解決を中心に様々な情報をお届けします。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.