中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 小川大介の中学受験合格を実現する逆算受験術 -> 取材・出版・セミナー ->昨日はセミナーの日でした

昨日はセミナーの日でした

取材・出版・セミナー2010年05月11日09時13分
4月に引き続き、昨日にも「声かけ」セミナーを実施しました。
小川式「声かけ」メソッドを購入下さった方々をご招待して、中学受験を成功させるためのノウハウをお教えするプログラムです。

驚くほど国語力が伸びる!学力が上がる!小川式「声かけ」メソッド
小川 大介 / 宝島社
私がSS-1での活動を通じて磨き上げてきた「声かけ」ノウハウを、子育て全般に活用する方法をご紹介しています。わが子が、情緒豊かで論理的な思考のできる子に育ってほしいとお考えの、全てのお母さんお父さんに贈ります。


サピックス、日能研、四谷大塚、早稲田アカデミーを中心に、塾の特徴をふまえた学習方法をアドバイスいたしました。
セミナーを実施するたびに実感するのですが、意外にも、お母さんお父さん方の多くが、ご自身のお子さんが通われている塾のことを、よくご存じでないのですよね。

塾テキストの効果的な活用方法なども、塾によってもちろん大きく異なるのですが、
セミナーに参加なさった方々は口々に、
「知らなかった!」
「そんなこと考えたこともなかった」
「目からうろこです」
「成績を伸ばそうと思ってやらせてきたことが、逆効果だったと分かってショックでした」
という感想を教えて下さいます。

塾のスタイルも、志向もそれぞれに違うものです。
中間層の子どもを伸ばしていくのが得意な塾、
最上位帯の子どもに刺激を与え続けることが得意な塾、
学習習慣がついていない子どもが通うのに適した塾、など。

「難関校に大量の合格者を出している塾」
  が、
「中間層の子どもを難関校合格レベルまで引き上げている」
  わけではないのですが、
このあたりのことも意外にお気づきでない方が多いものです。

セミナーでは、SS-1オリジナルの「中学受験サポート方針ロジカルシンキングシート」を用いて、
参加者の方々が現状を自己分析し、今取るべき行動を選択していきました。

情報をいくら集めても、それだけでは何の役にも立ちません。
情報を集めるのにかけた時間分、お子さんの問題解決が先送りになっただけです。

自分自身とお子さんについて、目の前の現実を見つめ、そして選択する。決断する。

選択すること、決断する人だけが、情報を役立てることができるのです。

といったことを学んでいただく時間でもありました。

参加なさった方々が、迷いから晴れた表情で帰って行く様子を見て、
「やってよかったな」と思うのでした。

これからも時間が許す限り、セミナーを続けていきます。
取材・出版・セミナー2010年05月11日09時13分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の小川大介
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である小川大介が中学受験に関するご家庭でのお悩み解決を中心に様々な情報をお届けします。