中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 小川大介の中学受験合格を実現する逆算受験術 -> 個別指導の講師の日常 ->分かっちゃいるけど・・・

分かっちゃいるけど・・・

個別指導の講師の日常2010年11月14日08時04分
昨日もいくつか学習カウンセリングを行いました。
その中の一つ。小5の男の子のお話です。

勉強姿勢にムラがあることに困っているのだとか。
やる時はぐっと集中して取り組めるのだけれど、気持ちが乗らない日はなんだかダラダラと。
本人も「がんばなきゃ」という気持ちはあるそうなんですが、乗らない日は乗らないようですね。
よくある話です。
ちょうど反抗期も重なってきているそうで、お母さんが見かねて「そろそろ勉強始めたら?」と声をかけると、
返ってくるのは、「分かってるよ!」

ますますよくある話ですね。

分かっちゃいるけど、体が動かない
こういう場合、懇々と言って聞かせても効果はありません。
頭ではすでに十分「分かっている」のですから。

なんとなく体が動かないな、という時にタイミングよく声をかけてあげることが大切です。
反抗期の場合なら、第三者の手を借りるのがいいですね。

ということで、そのお子さんにはSS-1の先生から電話が入ることになりました。
「今は何をしているの?」
「今日はどんな予定?」
かける声はこの程度のことです。

でも、これが効果あるんですよねぇ^^
個別指導の講師の日常2010年11月14日08時04分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の小川大介
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である小川大介が中学受験に関するご家庭でのお悩み解決を中心に様々な情報をお届けします。