中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 小川大介の中学受験合格を実現する逆算受験術 -> 賢い塾の使い方 ->人を伸ばす力とは

人を伸ばす力とは

賢い塾の使い方2011年09月20日10時33分
おはようございます。
台風15号が列島を縦断しそうで、天候にはやきもきされられる今日20日ですが、
私自身は晴れやかな気分で朝を迎えることができています。

18日、19日の2日間、関西で過ごした時間がとても有意義だったのです。
18日はSS-1会員様、SS-1ホームページをご覧くださっている方々を対象に、
関西統括の辻が塾別の学習法をお話しさせていただきました。
学年が上がるにつれて学習の量と方法をどう変えていけばいいのか、
その一つとして「思考フレーム」という技術もご紹介しました。
私からは「受験を成功させる力~相談力~」をお話しさせていただきました。
アンケートを拝見しますと幸い好評をいただいたようで、
ほっとすると同時に、「次は何をご提供しようかな」というやる気がわいてきました。

そして19日は西宮北口教室、谷町教室のスタッフと、
SS-1に通って下さる会員様方が今まで以上に満足して下さり、
お子さんのやる気と成績もさらにアップし、
スタッフがますます生き生きと仕事に打ち込める、
そんなSS-1らしい姿を膨らませていくのに、
それぞれ何ができるだろうかと話し合う場を持ちました。

私自身はファシリテーターを務め、みんなのアイデアを引き出すこと、具体化させること、
過去軸から未来軸へ意識を移すこと、などのお手伝いをしたのですが、
いやぁ、成果がありましたね。

本当に様々な気づきが得られたのですが、
中でも特に大きかったのは、

「人を伸ばしたければ、その人自身も気づいていないその人の長所を数多く見つけ、フィードバックし、強化していくお手伝いをすればいい」

という基本を、改めて確認できたことです。

子供の力を伸ばすには、「できていること」「得意なこと」「長所」をまず見つけ、認め、ほめること。
そして、その力を使ってまだできていないこと、もっとできるようになることにチャレンジさせてあげるのが王道です。

新人講師の力を伸ばすには、採用面接の段階から、その人の持つ長所を数多く発見し、
ご本人に伝え、その長所を生かした研修プログラムを一緒に考案し、
取り組んでいくこと。
本人と会うたびに、成長した点を見つけてはフィードバックし、さらなる挑戦へ気持ちを掻き立てることが王道です。

可能性を感じた時に、人は今までにない力を発揮できますし、チャレンジの意欲もわいてきます。
当たり前のことなのですが、日々「やるべきこと」に一生懸命取り組んでいると、
自分自身を見つめること、相手の人そのものを見つめることが後回しになってしまうのですね。


気づきを得たSS-1のメンバーが、これからどんな感動を生み出していくのか、
それをイメージしてワクワクしながら目覚めた朝なのでした。


可能性を拓くって楽しいですね!
賢い塾の使い方2011年09月20日10時33分
主任相談員の小川大介
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である小川大介が中学受験に関するご家庭でのお悩み解決を中心に様々な情報をお届けします。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.