中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 小川大介の中学受験合格を実現する逆算受験術 -> 中学受験 ->『勉強しているのに上がらない』の解決法③ ~復習の仕方を最適化するために~

『勉強しているのに上がらない』の解決法③ ~復習の仕方を最適化するために~

中学受験2013年05月02日10時00分
こんにちは!
「かしこい塾の使い方」
主任相談員の小川です。


明日からの4連休、皆さんはどんなご予定でしょうか。

私は主に仕事をしていますが、合間に少しお休みをいただいて、上野に行ってこようかと考えています。

目当ては、下町風俗資料館国立科学博物館です。

資料館では大八車やちゃぶ台に触れ、
科博では化石作りをしてきます。

人波が苦手なので、
グレートジャーニーはやめときます(笑)

動物園にも立ち寄ろうと思いますが、
ものすごい人出だと思うので、おそらく早々に退散するかと。。。

予定を決めてから知ったのですが、
連休中は、動物園が無料開放されるそうで。

子供の日ですからね。

もっとも受験生の皆さんにとっては、
子供の日前後は「特訓デー」ですね。

塾の特訓講座や模試に参加する人、
大量に出された宿題をこなす人、
がんばる内容はそれぞれですが、

今の努力が、夏にかけて実を結んでいく。
このことに変わりはありません。

気持ちを高めて、より多くのことを吸収していただきたいと願っています。

さて本日は、『勉強しているのに上がらない』の解決法、の続きをお話ししようと思います。

前回は、学習の技術の1つ目「授業の受け方」についてお話ししました。
(参照:『勉強しているのに上がらない』の解決法②

授業を受けるとは、
受ける前のマインドセット、受けた後の行動を具体化すること、
こういった授業前後の行動も含むのでしたね。

さて、このように授業に能動的に参加した後は、
学んだことを定着させていくこととなります。

「復習」です。

テキストをじっくりと読み返す人、
最初から問題をバリバリ解いていく人、
まとめノート作りに力を入れる人、

スタイルは色々です。
一つに決める必要はありません。
本人にとって定着する復習方法であれば、それがベストです。

大切なことは、
お子さん本人にとってぴったりの方法を見つけ出すことです。

私はこれを、「学習タイプの発見」と呼んでいます。


ここで、質問です。

お子さんはどんな遊びが好きですか?
お子さんの日ごろの姿をありありと思い出して答えてください。

体を動かすのが好きな子

音楽が好きな子

お絵かきが好きな子

ブロック遊びが好きな子

人形遊びが好きな子

ず~っとおしゃべりしている子

電車の名前やポケモンのキャラクター名をひたすら覚えている子

色々な遊び方がありますね。

1人で遊ぶのが好きな子もいますし、
とにかく友達と一緒だとご機嫌な子もいます。

子供たちそれぞれに、
生まれ持った「個性」があります。

これは、脳の使い方に生まれ持った個性があるからです。

脳の使い方というものは、環境や教育だけで決まるものではありません。

ですから、
同じ家に生まれた兄弟でも、好む遊びが違ってくるのですね。

そして、
「脳の使い方が子供によって違う」ということは、
本人にぴったりの復習方法も子供によって違う、
ということになります。

なぜ先ほどお子さんの好む遊びを質問したかと言えば、
遊びの中にこそ、その子の脳のタイプが表れているから
なんです。

では、脳のタイプ別にどんな復習方法が適しているのでしょうか。
次回はその点についてお話ししたいと思います。

それでは今日も、
出会う方全ての可能性を
拓いて参りましょう!
中学受験2013年05月02日10時00分
主任相談員の小川大介
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である小川大介が中学受験に関するご家庭でのお悩み解決を中心に様々な情報をお届けします。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.