中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 小川大介の中学受験合格を実現する逆算受験術 -> 国語の学習 ->論説文の攻略⑧ ~まとめる力の第一歩~

論説文の攻略⑧ ~まとめる力の第一歩~

国語の学習2013年05月16日10時50分
こんにちは!
「かしこい塾の使い方」
主任相談員の小川です。


昨日、スタッフと雑談をしている中で、
ふっと思ったことがあります。

失敗した後に人が取る態度と、
テストの後に子供が取る態度とは、
そういえば同じだな、と。

間違いを指摘された時に取る態度は人それぞれですね。

ふてくされる人
自信を失う人
言い訳する人
「他の人だって間違えることあるでしょう!」と言い出す人
「たしかにそうだ」とすぐに改める人

テストで間違えた時に子供が取る態度も様々です。

ふれくされる子
自信を失う子
言い訳する子
「他の子だって間違えたもん!」と言う子
「次は間違えないようにしよう」とすぐに改める子

追跡調査をしたわけではないので、はっきりとは分かりませんが、
子どもの時に取っていた態度は、大人になってからも出てしまうのかもしれませんね。

受験勉強の中で、テストでの間違いを前向きに受け止める力を養えた子は、
大人になってからも自分を伸ばしていけるのでしょうね。

では、間違いを前向きに受け止める力を養うには、どうすればいいのか。
ここを話し出すと長くなってしまうので、また日を改めて取り上げることにしましょう。

さて本日は、「国語学習で絶対に欠かせないこと」の続きをお話ししたいと思います。
前回は論説文について、対比のお話をしましたね。
(参照:論説文の攻略⑦~文型理解で対比をマスター~

論説文5つのポイントの3つ目までお話ししたことになります。
(参照:論説文の攻略①~5つのポイント~

4つ目は「具体例の使われ方を理解する」です。

まず「具体例」とは何でしょうか?

授業で、子どもたちに「具体例って知ってる?」と聞くと、
全員が、当たり前でしょ! という顔をします。

でも、「では、具体例って何?」と聞くと、
これがとたんに怪しくなるのですね。

「だから、具体的な例でしょ。」とか。
説明になっていませんよね(笑)

そこで私はさらに問いかけます。
「ではまず具体的というのは、どういうことなのかな?」

これ、実はかなり意地悪な質問なんですけどね。

でも子供たちは一生懸命考えて、なんとか自分なりに答えようとしてくれます。

「分かりやすいこと」
「身近な話」
「まとめられていない、そのままのこと」
「形がある感じ」
などなど

どれも正解です。

「具体的」の反対は「抽象的」ですが、
その違いを整理するとこんな感じです。

o20130516_01.jpg



私は良く、
「その言葉を聞いた時に、頭の中にくっきりと絵が浮かぶもの」
と説明しています。

ただ注意が必要なのは、
具体的かどうかは、その言葉1つだけで決まるのではなくて、
周りの言葉との関係で決まってくる、
という点です。

【問題】 どっちが具体的ですか?

① A.「小学6年生の子」  B.「隣の席の由美子ちゃん」
→B.の由美子ちゃんですね。

② A.「子供たち」 B.「小学6年生の子」
→A.の子供たちには小さな子もいれば、体の大きな子もいます。
絵がしぼりきれませんね。
B.の小学6年生の子は、顔ははっきりと見えてきませんが、
体の大きさやできることなど、おおよその見当はつきます。
ですから、B.「小学6年生の子」の方が具体的です。

③ A.「社会的に弱い立場に置かれがちな者たち」 B.「子供たち」
→A.の弱者には、子供たちはもちろん、老人、女性、など
さまざまな人が含まれています。
この関係では、B.「子供たち」の方が具体的です。


このように、
「具体的かどうかは言葉同士の関係で決まる」
ということを、まずは理解することがポイントです。

そして、いくつかの言葉がある時に、
「お互いの関係はどうなっているのだろう?」
と考えるようになると、論説文攻略にまた一歩近づきます。

トカゲ カブトムシ 動物 イグアナ
バッタ 昆虫 爬虫類 ヘビ
という言葉が並んでいる時に、
頭の中でぱっと

o20130516_02.jpg

といった整理ができるようになると、理想的ですね。

具体的とは何かが分かっている状態ですし、
実はこれが「まとめる力」の第一歩でもあるのです。

いかがでしょうか?
「具体的」について感じはつかめましたか?

次は「具体例」の「例」を考えてみましょう。

それでは今日も、
出会う方全ての可能性を
拓いて参りましょう!
国語の学習2013年05月16日10時50分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の小川大介
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である小川大介が中学受験に関するご家庭でのお悩み解決を中心に様々な情報をお届けします。