中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 小川大介の中学受験合格を実現する逆算受験術 -> 声かけメソッド ->「すべらない話」に学ぶ、講師力

「すべらない話」に学ぶ、講師力

声かけメソッド2013年05月26日01時36分
こんにちは!
「かしこい塾の使い方」
主任相談員の小川です。


図らずもブログを一週間お休みしてしまいました。
お待たせしてしまって、すみませんでした。

「論説文の攻略」の続きは、また週明けから再開していこうと思います。
よろしくお願いします。

さてこの一週間の間に、
私の大切な仕事の1つとして、
SS-1の講師研修会がありました。

東京でも(SS-1自由が丘教室にて)

o20130526_01.jpg



関西でも(SS-1大阪谷町教室にて)

o20130526_02.jpg


教室に入りきれないぐらいに講師たちが集まって、
真剣に、講師力の向上に取り組みました。
(5分に1度の笑いを大切に)

写真だと分かりにくいですが、それぞれ25名以上の講師が集まってくれました。

今回の研修会テーマは、
「本物のプロ講師集団になる」

私が代表を務める個別指導のSS-1は、
もともと社会人プロ講師しか在籍していません。

世の中に、「プロ講師」と呼ばれる人はたくさんいらっしゃるのですが、
SS-1の講師たちは、その中でも選りすぐりのプロだとは思います。

担当の生徒さんの力を何とかして引き出してあげたい。
まだ点数にはつながっていないけれど、
出かかっている芽を見つけ出して伸ばしてあげたい。

苦手意識のある単元も、
4年内容と6年内容を行き来するようにして、
自然と理解できるように教えてあげたい。

本人の興味関心をすぐにつかんで、
一番気持ちが乗るやり方で授業を進めてあげたい。

どの講師も、プロの知識と技術、
子どもへの細やかで温かい目を持って、
工夫された指導を実施しています。

そんな先生たちが、
一体何を勉強しなければならないのでしょう?

答えは、
自分の枠を超えること
です。

研修会では、
先生同士でお互いの成功体験をインタビューし、
一人ずつ発表してもらいました。

25人以上ですから、
ずいぶん時間はかかりますが、
得られるものもその分大きい。

プロ講師たちが、
一生懸命に取り組んだ結果としての
成功体験です。

そこには、
講師力の模範となるノウハウが
詰まっているのですね。

しかも、25通りのノウハウです。

この研修会に参加した講師たちは、
隣のプロ講師が持つノウハウを、
いつでも使える力を手に入れました。

プロだからこそ、
人から学ぶ姿勢が大切です。

自分の内面を、
自分の力だけで必死に磨いても、
1の力がせいぜい1.2か1.3に伸びるだけ。

でも人から学べば、
あっという間に、1から2へ、
2から3へと伸びていきます。

そして私たちが学ぶべきは、
同僚のプロ講師たちだけではありません。

プロ講師にとって最高の先生は、
お笑い芸人の方々です。

笑いを生むには、
誰が聞いてもすぐにイメージできる言葉で、
簡潔で、リズム良く
話す力が必要です。

プロ講師も、
生徒が聞いてすぐに内容がイメージできる言葉で、
簡潔に、リズム良く
講義する力が必要です。

簡潔だからこそ、頭に届きます。
リズムが良いから、飽きさせず心に届きます。

お笑い芸人の方々の話術には、
結果を出せるプロ講師の極意が
秘められているのですね。

ということで、
今回の研修会に参加した講師たちには、
「人志松本のすべらない話」のDVDを見ること!
を宿題といたしました(笑)

いや、結構真面目な話です。

ご家庭の学習で、
お子さんとのやり取りがどうも沈澱してしまいがちな方は、
ぜひお試しください。

得るものがあると思います。

それでは今日も、
出会う方全ての可能性を
拓いて参りましょう!
声かけメソッド2013年05月26日01時36分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の小川大介
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である小川大介が中学受験に関するご家庭でのお悩み解決を中心に様々な情報をお届けします。