中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 小川大介の中学受験合格を実現する逆算受験術 -> 声かけメソッド ->ねばり強さの育て方~「粘りの種」を植えよう~

ねばり強さの育て方~「粘りの種」を植えよう~

声かけメソッド2013年06月11日09時28分
こんにちは!
「かしこい塾の使い方」
主任相談員の小川です。


ポツリポツリと雨が落ちてきて
道路の火照りが
少し和らいだようです。

たまの雨もいいものですね。

快適な朝を迎えられて、
アイデアが色々と
わいてきています。

子供たち
お父さんお母さん
そして先生たち

それぞれの可能性を
最速で形に表していく。

今日もそういう
一日になりそうです。

さて前回のエントリーで、
「伸びる子の資質」について
お話ししました。
(参照:「伸びる子の資質」は入塾前に育みたいですね

中でも「ねばり強さ」は
性格の問題と片付けられがちで、

本当だったらもっと力が発揮できるのに、

「続かない子」
「すぐあきらめる子」
になってしまうことも
多いようです。

しかし、ねばり強さも、
他の力と同様に、

幼児期から低学年の間に、
育むことができる力の1つ
なのです。

お父さん、お母さん、
そして先生たちの、
ちょっとした心掛けで

お子さんは、
ねばり強さを身につけていきます。

ポイントは、
小さな我慢と小さな成功を、
繰り返し体験させてあげること。


我慢=苦痛
ではなく、

我慢=この後に良いことが起きる期待

だと体に覚えさせることです。

たとえば、
将棋の駒落とし。

音が鳴らないように注意しながら
積み上げた駒の山から
一枚ずつ取っていくゲームです。

雑に取れば、
すぐに「カチッ」と音が鳴ってしまう。

もどかしくて
いらいらっとしてしまう瞬間も
あるのですが、

そういう時に、
「深呼吸してごらん」と
声をかける。

子供は、
息を整えると、
また集中できることを
学びます。

そして、
そぉ~~っと、細心の注意を払いながら、
駒をそろりそろりと引き上げる。

上手く取れた時の、
ホッとしたような、
妙に誇らしいような
達成感が胸に広がります。

この瞬間、この子は、
「粘りの種」を1つ
自分の体に植えたのです。


またたとえば、
計算ドリル100題。

最初は快調に解いていても、
60題を超えたあたりで、
だんだんしんどくなってきます。

時間も10分を超えると、
息切れもしてくるでしょう。

そうした時に、親の役割は、
心から応援すること。
これに尽きます。

「大丈夫、必ずできるよ。自信を持って」

「まず、あと5問続けてみよう」

「ほらもう70問もやり遂げたよ!」

「あと20問、のんびりやっても大丈夫だ」

「ラストスパート10問、かっこいいところ見せよう!」

どんな言葉でも構いません。

背中をなでて上げるのも良いでしょう。

ただ横に座って、
にこにこしているだけでもいいですね。

「君はやり遂げられる子だ」
親が信じて見守れば、
そのエネルギーは子供に伝わります。

やり遂げられるものです。

そうして100題までたどり着いたら、
「やったね!!!」
「凄い!100題できたじゃないの!!」
「かっこいい!」

がんばって達成したわが子を
誇らしく思っている自分の気持ちを、
素直にお子さんに伝えましょう。

ここでも、言葉は何でも構いません。

嬉しい。
その気持ちを伝えることです。

途中でしんどい思いをしても、
その先に訪れた
弾けるようなママの笑顔と、
自分の手で書きあげた100題の答えを、

お子さんは体で記憶します。

「がんばったらできるんだ」
という記憶です。

「やり遂げたら嬉しいんだ」
という記憶です。

これが「粘りの種」なのです。

この種は、
また小さな我慢と達成を体験すれば、
芽を吹き、根を張っていきます。

繰り返しの成功体験によって、
粘りの木は、子どもの心の中に
育っていきます。

1つだけ注意してください。
子供が何かをやり遂げようとしている時は、
決して時間を気にしないように!

次の予定があったとしても、
お子さんにとって大切なチャレンジであれば、
今を優先してください。

「早く早く!」
「もう間に合わないよ!」
「もういいから!そこでやめなさい」
「ほらぐずぐずしているから、出来なかったでしょう!」

こうやって関わるたびに、
お子さんの「粘りの木」は
しぼんでいきます。

時間内に終わらせるかどうかは、
やり遂げられるようになった、
その次の段階です。

まずは、やり遂げた喜びを、
我慢をした後には、
その分だけ大きく膨らんだ達成感を、
お子さんに渡していきましょう。

お子さんは、
必ず伸びます。

それでは今日も、
出会う方全ての可能性を
拓いて参りましょう!
声かけメソッド2013年06月11日09時28分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の小川大介
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である小川大介が中学受験に関するご家庭でのお悩み解決を中心に様々な情報をお届けします。