中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 小川大介の中学受験合格を実現する逆算受験術 -> 中学受験 ->出版記念で『地アタマを伸ばす低学年セミナー』を実施しました

出版記念で『地アタマを伸ばす低学年セミナー』を実施しました

中学受験2016年04月12日19時39分

こんにちは!
逆算受験術の小川大介です。


3月23日に発売されました、
「頭がいい子の家のリビングには必ず『辞書』『地図』『図鑑』がある」
おかげさまで発売以来、
多くの方が手に取ってくださっているようです。


ただ、反応を見ていますと、
実際に手に取って中を読んでくださった方と、
書店やアマゾンでタイトルだけ見た方とで、
とらえ方がずいぶん違うようなんです。

実際に読んでくださった方からは、
「よくわかります」
「こういう考え方でいいなら親も楽ですね」
「本がたくさん紹介されているから、『次にどの図鑑買おうか』と、子どもといっしょに選んでいます」
という声を多くいただいています。

書き手の思いが伝わっていて、嬉しいです。


一方、タイトルだけ見た方の中には、
「うちにも図鑑も辞書もあるけれど、子どもは頭がよく育たなかったんだけど~」
と感じてしまった方もいらっしゃるようです。

はい。
まさに、そういう方に読んでほしくて今回の本は書きました。

目覚めている間は
すべて学びの時間。
大切なのは、
「遊び」と「勉強」を
分けないことです。

カバーの裏に載せたメッセージです。

「辞書」も「地図」も「図鑑」も
子どもの知力を伸ばすのに、
格好のツールです。

でも大事なことは、
「与えよう」とするのではなく、
「出会わせてあげよう」とする、
親の心。

親が与えても
子どもが自ら出会っても、
図鑑その他は目の前にある

表面的には同じ
でも、本質は全く違います。

何事もそうかもしれませんが、
子育てにおいては特に、
表層的な情報が目立つ気がします。

だから、一年かけて書きました。

「頭がよくなるには、何をやらしたらいいですか?」
「何を与えたらいいですか?」
「どこに通わせるのがいいですか?」
・・・・・・

高学年になってきたら、
お子さんに吸収と応用の素地ができているなら、
その発想でもいいかもしれません。

でも幼児、低学年の時に、
「与えてやらせて」思考は
やめてあげてほしい。

大人の考えを押し付ける前に、
子どもたちの中にある「天才」を
見つけることに力を注いであげてほしい。

そういう気持ちで書きました。

だから、タイトルを見て抵抗を感じる人ほど、
読んで欲しいと思います。


さて、そんな思いのつまった今回の本ですが、
早々に購入してくださった方々が、
出版記念セミナーに参加してくださいました。

20160412202158.jpg














場所は、二子玉川の東急セミナーBee
本日4月12日の午前10時から11時30分
(実際は12時前までしゃべっちゃいました)

セミナーでお話ししたことは、
「わが子の天才をどう見つけるか」
「間違った逆算思考に振り回されないで」
「悩みはワクワクの裏返し」
「子は環境で育つ。親も環境の一部。
子の周りのリソースをたくさん見つけよう」
など

中身をお伝えする代わりに、
今日のレジュメに書かせていただいた、
私からのメッセージを転載しておきます。

どんな会話が行われたのか、
想像してみてください

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

講師からのメッセージ

今日は、お忙しいところお集まりいただきましてありがとうございます。
私の新著「頭のいい子の家のリビングには必ず『辞書』『地図』『図鑑』がある」がすばる舎さんから刊行されたことを記念して開く今日のセミナーは、

「子どもはみんな天才を持っている」というテーマを軸に展開していきます。


会場には、未就学のお子さんをお持ちの方から受験を意識しはじめた中学年の親御さんまで足を運んでくださっていますから、裾野広くお話ししていこうと考えています。お子さんとご自身の、これまでとこれからを考えながらご参加いただくなら、発見と希望が見つかる時間にしていただけることと思います。


ママのお腹にやってきた日から、ハイハイを経て自分の足で立って歩き、幼稚園で友達を作り、会話し、本を読み、小学校生活をはじめ、我慢を覚え、努力を覚え、自分は自分で周りから独立した一人の人格なんだと(言葉には言わないにしても)感じるようになる、子どもの成長の歴史は奇跡の連続です。

成長におけるすべてのことが、もし誰かに習わねばならないものだとしたら、皆さんのお子さんは今のようには育っていないでしょう。


「子どもたちは自ら育つ力を持っている。」

私に限らず、子どもたちの成長に数多く触れてきた者であればだれでも知っていることです。

では親は何のために居るの?
大人は子どもにとってどんな存在なの?


今日の時間は、その答えを皆さんなりに見つけていただきながら、またお互いの発見を交換しあいながら、わが子への関わりを今以上に楽しめる自分に、わが子の持つ天才を今まで以上にたくさん見つけてあげ伸ばしてあげられる自分になっていただく、そんな時間でありたいと思っています。


私もまた一人の子の父親として、皆さんと一緒に発見の時間を過ごさせていただきます。

よろしくお願いします。

個別指導教室SS-1代表 小川大介

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

これからもこういうセミナーは
全国各地でやっていきたいと思っています。

ご興味ある方、お声かけくださいね!

それでは今日も明日も、
お子さんの可能性を
どんどん形にしていきましょう!

中学受験2016年04月12日19時39分
主任相談員の小川大介
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である小川大介が中学受験に関するご家庭でのお悩み解決を中心に様々な情報をお届けします。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.