中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 辻義夫の中学受験に打ち勝つ家庭学習法 -> 家庭学習 ->コンクリートを漢字で

コンクリートを漢字で

家庭学習2010年12月01日00時49分
『名は体を表す』という諺がありますが、ものの名前には必ずその名の由来があります。

例えば、シロツメクサという植物があります。
知っている方も多いと思いますが、もともと西洋の植物だったこのシロツメクサに、なぜこのような名前がついたのかというと、江戸~明治時代にヨーロッパから輸入されたガラス製品が割れないように、この植物が『詰め物』としてつかわれていたから、シロツメクサなんですね。このようなエピソードを話してあげると、お子さんたちはよく覚えてくれるものです。名前だけをただただ暗記しようとしても、特に興味がなければ覚えられないのは、大人も子供も同じです。

お子さんたちが地層と岩石の学習で習うものの1つに、『ギョウカイ岩』というものがあります。
こちらも、カタカナでは一体なんのことかが分かりにくいのですが、漢字で表記すると『凝灰岩』なんですね。

さて、この漢字から、『灰』であることはわかるとして、『凝』は?とお子さんたちは反応します。
そこで私は、『コンクリートって、漢字でどう書くか知っている?』とお子さんに質問します。質問されたお子さんははじめきょとんとしているのですが、即座に興味深々とい表情になります。

実はコンクリートを漢字で表記すると、『混凝土』なんですね。

漢字のとおり(というかそのものを漢字にしただけでしょうが)『混ぜて固めた土』な訳です。

なるほど、ですね。

こういった覚え方をしてもらうと、なかなか忘れませんよ。
家庭学習2010年12月01日00時49分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の辻義夫
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である辻義夫が家庭学習で悩んでいる方にすぐに実践できる効果的な学習方法をお教えします。