中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 辻義夫の中学受験に打ち勝つ家庭学習法 -> 中学受験 ->戦略を立てる

戦略を立てる

中学受験2011年02月01日14時12分
戦略を立てる

今年の灘中学校の理科の入試問題を、もうご覧になりましたか?

今年の問題では、例年と少し違った傾向の出題がされていました。大問7で、生物の絵を書くというものです。
もちろん美術ではないので、そっくりに書く必要はないのですが、いざ書けといわれると戸惑ってしまう受験生が多かったようです。

昆虫の体が頭、胸、腹の3つの部分に分かれているのはみなさん知っておられると思いますが、胸の部分が3つに分かれていることはあまり知られていません。3対の足はこのそれぞれの部分に書けばよいだろうとすぐにわかるのですが、2対の羽をどこに書くかで迷います。知らなければ3分の1の確率に賭けることになりますね。

私が担当している生徒の一人が、灘の1日目の後、こんなことを言っていました。
「最後の7番は、絵を描く問題だったから(どのくらい得点できているか判断できないので)計算に入れないとして、1番から6番までは自分の戦略通りにできたから、多分大丈夫だと思う。」
ずいぶん大人びた発言に聞こえるかもしれませんが、合格ラインまで学力を高めてきた受験生の多くは、自分なりの戦略を持っているものです。その戦略通りの行動をとることができれば多分大丈夫、と信じることができるのです。このような状態を、『自信がある』というのですね。一方、「できたかどうかわからない、自信がない」というのは、戦略通りに行動できなかったか、あるいはそもそも戦略がなかったかです。戦略とは、成功に至るまでの行動計画であり、その通り行動できれば必ず成功できるということを信じられるものでなければならないのは言うまでもありません。しかし、いくら確度の高い戦略を立てても、その戦略通りに行動するのが不可能、あるいは非常に困難では、やはり成功に至るのは難しいでしょう。偏差値レベルの高い学校の入試問題ほど高度な戦略を要求しますから、それを実行するのにも高い技術や知識が必要になります。そのために受験生は猛勉強をするのです。

では、戦略そのものの立て方は誰が教えてくれるのかというと、それは塾の仕事です。ですから塾選びは、志望校に合格するための戦略をどのくらい綿密に立ててくれるかが重要になります。また注意したいのは、『志望校に合格しなかったら、それまでの学習はすべて無駄であり、意味がなかったものになる』といった破滅型の思考で戦略を考えるところがあるということです。信じられないことかもしれませんが、学習塾の中には多かれ少なかれそういった考えをするところが存在します。このような価値観に基づいて中学受験を経験すると、挫折が非常に大きなトラウマになり、以降の学習に大きな障害をもたらすことがあります。

では、適切な戦略を立てることができたとして、その戦略通りに行動する練習は、どこでやりましょうか?中学受験生、特に6年生は非常に長い時間を学習塾で過ごします。夏休みなどは、朝から出かけて家に帰るのは夜の10時過ぎ、ということもあります。家に帰ると、短時間で次回までの宿題を効率よく済ませていかなければなりません。ですから、家で長時間学習するということが実は意外と難しいのです。

この傾向は入試直前までずっと続きます。

さて、1本のテストにどのように立ち向かうか、また自分の志望校の入試問題を解く中で、教えてもらった戦略を活かして合格点をとるにはどうすればいいのか、いつ練習しましょう?この戦略がないまま、ただただ大量の宿題をこなして入試に臨んだ受験生たちは、会場から出てきた直後の感想が

「まぁまぁ」「できたかどうかわからない」のようになるのです。

多くの受験生が6年生の後半で行う志望校の過去問演習は、自分なりの戦略が間違っていないか、どの程度通用するものなのかを試し、磨き上げていく作業です。ですから、少なくとも第1志望校のものは数年分やっておきたいものです。塾や志望校コースによっては、「過去問はすべてコースのテキストに含まれているから大丈夫」というところもありますが、それは野球で「バッティングの練習も、ピッチングの練習もすべてやったから、試合に出ても即活躍できる」というのに似ています。同じ1回の打席でも、2アウトでランナーなしの場合と、1アウトでランナーが一塁にいる場合とでは、とるべき行動が違うはずです。

これから受験に向かう5年生や4年生のお子さんたちには、ぜひ6年生後半で過去問演習に取り組めるよう、準備を進めていっていただきたいと思います。
中学受験2011年02月01日14時12分
主任相談員の辻義夫
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である辻義夫が家庭学習で悩んでいる方にすぐに実践できる効果的な学習方法をお教えします。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.