中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 辻義夫の中学受験に打ち勝つ家庭学習法 -> 中学受験 ->月食

月食

中学受験2011年12月10日20時24分
街はすっかり真冬の装いですね。
お子さんたちの大好きなクリスマスツリーもあちらこちらに見られます。

私は今神戸にいますが、神戸ではルミナリエの暖かな光が待ちを照らしています。


さて、くもっていて観察できないかもしれませんが、今日は皆既月食が観察できる日ですね。

皆既月食は、

太陽    地球   月

という順で並んだときに、月が地球のいよいよ年の瀬、六年生たちにとっては大切な日が近づいています。

関西の統一受験日は1月半ば、関東では2月初旬と、いずれにせよ非常に大切な期間です。

そろそろ最終的な受験校の決定、そして願書の提出といった作業も進行中、または完了したのではないでしょうか。

さて、この時期どんなことをすればいいか、少しお迷いの方もいらっしゃるかもしれませんね。

6年生のこの時期になれば、もう新たに塾で習うこともありません。今まで習ったことをいかに当日発揮できるかにかかっています。テストで実力を最大限に発揮するには、何より頭が冴えている状態でなければなりません。頭を冴えている状態に保つには、適切な睡眠をとる必要があります。
よく「朝型に変えなさい」と言われますが、夜遅くまで勉強して朝は早起きし、睡眠時間を削ることではありません。夜は意識的に早めに切り上げ、適切な睡眠をとって朝に学習時間を設けることで、当日テストを受ける時間に実力を最大限に発揮できる状態を作っていくということが大切ですね。

とは言えお子さん、お父さんお母さんともに不安はあるかもしれません。他の受験生はもっとがんばっているんじゃないかとか。もちろんみんながんばっています。でも、本番に向けてコンディションを整えるのもれっきとした努力ですし、私の経験上とても効果があります。

この時期インフルエンザが流行して学校が数日間休みになることはそう珍しくありませんが、そうやって時間のできたお子さんの学力は上がることが多いです。
しっかり睡眠をとり、クリアな頭で落ち着いて問題に取り組んでみると、今まで積み上げてきたものの大きさに改めて気づくんですね。

いちばん大切な仕上げの次期、できるだけ力を発揮しやすい状態で臨みましょう!陰に入ってしまって観察できなくなることです。
地球は月のおよそ4倍の直径があるので、月が完全に欠けている時間は数時間になります。
残念ながら日食ほどはくっきり欠けることはないのですが、それでも壮大な天体ショーであることは間違いありません。

入試によく出るポイントは2つ、
1. 日食の太陽は右から欠け、月食の月は左から欠ける
2. 日食は太陽が月にかくされるので、

のに対して、月食は月が地球の陰に入るので、


という見え方をする、ということです。

夜中になりますが、観察してみるのもよいですね。皆既状態になるのが23時58分とのことなので、何とか観察できるかもしれませんね。

風邪をひかないように、暖かい恰好でお願いします。


神戸の街角にて。
中学受験2011年12月10日20時24分
主任相談員の辻義夫
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である辻義夫が家庭学習で悩んでいる方にすぐに実践できる効果的な学習方法をお教えします。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.