中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 辻義夫の中学受験に打ち勝つ家庭学習法 -> 中学受験 ->このタイミングで

このタイミングで

中学受験2012年01月06日21時58分
6年生は、いよいよ最後の追い込みです。

関西の受験生はあと1週間、関東でもあと約ひと月を切りました。

最後まで、できることはひとつでも多くやってみて、悔いの残らない受験にしたいものですね。

さて、このタイミングで、個別指導の有名講師や「カリスマ講師」と呼ばれる講師に、今こそお願いしてみるのもよいかもしれません。
さすがにこの時期、お子さん達の必死さも最高潮となっていることでしょう。
一分一秒でも無駄にすまいという今こそ、スキルの高い一流講師の講義を受ける絶好のタイミングなんです、実は。

たとえば
「1回の授業で電流の単元を仕上げる」
「塾の授業でどうしてもわからなかったN進法を完全理解させる」
「1回の授業で中和計算に関する理解不十分な点をクリアにする」

といった技術を、一流と言われる講師は持っているものです。


しかしそういった技術も、受ける側がしっかり受け止められなければあまり効果を生みません。

切羽詰まった今だからこそ、100%の本気モードで受け止められるということですね。

残念なのは、そういった講師は引く手あまたで空き授業枠が極端に少ないことですが、チャンスがあれば、一日塾を休んで受けてみる価値があります。

SS-1の算数科講師、前田昌宏さんもそのような講師の一人ですが、特にこの時期の6年生たちは、1回の授業の効果を実感するようです。
やはり、なかなか空き授業枠はありませんが、彼のブログ(http://www.e-juken.jp/blog/maeda/)を見るだけでためになる情報がたくさんあることに驚きます。
中学受験2012年01月06日21時58分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の辻義夫
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である辻義夫が家庭学習で悩んでいる方にすぐに実践できる効果的な学習方法をお教えします。