中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 辻義夫の中学受験に打ち勝つ家庭学習法 -> 取材 ->神戸新聞社さんにて

神戸新聞社さんにて

取材2012年01月22日18時29分
月一で掲載される、神戸新聞社さんの「週間まなびー カリスマ先生のノート拝見」の取材に今月も行ってきました。

この取材では、
毎回お子さんたちが学校でとっているノートを見せていただくのですが、つくづく、お子さんたちのノートは先生方の授業のスタイルを色濃く反映するものだと思います。

ノート作りでお子さんが混乱することがないよう、「先生が黄色で書いた字は赤でノートに写す」といった決まりがきちんとできていると、お子さんたちにも無駄な動きがなく理解がよく進むようです。写すべきときと聞くべきときをしっかり区別して伝えるのも効果的ですね。

詳しく調べたいときは資料のどのページを見ればよいか、といったことを細やかに書かせている先生もいて、非常に参考になります。

学校と塾、場所は違っても「よりよい授業を子どもたちに提供したい」という思いは同じなんですね。
取材2012年01月22日18時29分
主任相談員の辻義夫
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である辻義夫が家庭学習で悩んでいる方にすぐに実践できる効果的な学習方法をお教えします。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.