中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 辻義夫の中学受験に打ち勝つ家庭学習法 -> 家庭学習 ->理由がわかれば覚えられる

理由がわかれば覚えられる

家庭学習2012年05月03日18時09分
「ヘチマ」という植物の名前の由来として、

もともとは「糸瓜(いとうり)」
     ↓
「トウリ」と呼ばれるようになる
     ↓
「トウリ」の「ト」が「イロハニホヘトチリヌルヲ」の「ヘ」と「チ」の間にあるので、ヘとチの間、つまりヘチマと呼ばれるようになった

というものがあります。

こういった物の名称の由来などは諸説あると思いますから、どれかが絶対に正しい、あるいは唯一、ということはないのでしょうが、お子さんに伝えるときに、こういった話題は強烈なインパクトとして、記憶の強化に役立ちます。

この話をしてあげると、少なくともヘチマがウリ科であるということを忘れるお子さんはいません。
他に感じで「○瓜」と書く植物にはどんなのがあるだろう、と考えてみるのもよいですね。


暗記の苦手なお子さんのほとんどが
「興味がないから覚えられない」のではないでしょうか。

ゲームや友達のことなど、大好きなこと、興味のあることは忘れませんよね。

ですからもちろん、我々お子さんを指導する立場の人間は、お子さんに興味を持ってもらうことを目指します。

その言葉の背景に、物語や由来、理由などがあり、それを聞いて驚きを感じたお子さんは、なかなかその言葉を忘れません。

時に下品なことばが、語呂合わせなどに好んで使われるのも同じような理由ですね。

とはいえ、あまり下品な言葉がご家庭の中を飛び交うのもなんですから、ご家庭での学習では言葉の持つ意味、名前の背後にある物語などを話題にするのがよいかもしれません。


春の七草の「ホトケノザ」の正式名称は「コオニタビラコ」ですが、どうしてホトケノザと呼ばれるのか(ちなみにどうして「コオニタビラコ」と呼ばれるのかを調べてみるのもいいですね)、ダイコンのことを「スズシロ」というけれど、それはどうしてなのか、秋の七草のススキを「オバナ」というのは?メダカはどうしてメダカっていうの?


などなど・・・お子さんが興味を持つ話題ばかりです。

「アサリの化石が見つかったんだから、この地層ができたときは浅い海だったに決まってるでしょ。」

よりも、

「アサリって、どうしてこんな名前になったんだろうね「」

と問いかける方が、お子さんの記憶には強烈に焼きつくものです。


でも、これらのことをお父さん、お母さんがすべて知ってく必要もありませんよ。

お子さんと一緒に、興味のあることを調べればいいんです。

お子さんも学習の中に楽しみを見出すに違いありません。
家庭学習2012年05月03日18時09分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の辻義夫
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である辻義夫が家庭学習で悩んでいる方にすぐに実践できる効果的な学習方法をお教えします。