中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 辻義夫の中学受験に打ち勝つ家庭学習法 -> かしこい塾の使い方 ->何のための個別?

何のための個別?

かしこい塾の使い方2012年05月23日15時29分
あることを成し遂げようとする場合、計画通りに行動することはとても大切です。例えば、どうして進学塾に通うのかを考えてみましょう。進学塾には、カリキュラムがあります。 カリキュラム通りに学習を計画的に進めていくことで学力がついていくということを狙っているのです。

つまり、カリキュラムがあることが進学塾の最大の利用価値の1つだということができます。
しかし、そのカリキュラムがすべてのお子さんに受け入れやすいものとは限りません。

塾のカリキュラムをうまく消化できない場合、家庭教師を雇ったり個別指導教室に通わせたりします。このとき、気を付けなければならないのは、今通っている進学塾のカリキュラムについていくことを目標とするのか、全く別にカリキュラムを作成し、それに沿って行動するのか、はっきりさせるということです。

もっともしてはいけないのは、塾のカリキュラムにのっとって進むでもなく、独自にカリキュラムを立てるでもなく、無目的に学習を進めることです。この間違いは多くの家庭教師、個別指導において行われています。

また、塾のカリキュラムを消化したいから個別指導に通わせたのに、なぜかその個別指導オリジナルのカリキュラムを押し付けられて、それに沿って勉強している、といった事例もよく見受けます。

個別指導教室や家庭教師を利用する場合は、なぜそのような学習をすることが効果的なのか、しっかりと話し合ってカリキュラムや内容を決定することをお勧めします。


かしこい塾の使い方2012年05月23日15時29分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の辻義夫
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である辻義夫が家庭学習で悩んでいる方にすぐに実践できる効果的な学習方法をお教えします。