中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 辻義夫の中学受験に打ち勝つ家庭学習法 -> 身のまわりの理科 ->リセマムさん取材

リセマムさん取材

身のまわりの理科2012年06月21日18時50分
受験・学習の情報サイト、リセマムさんに取材いただき、夏休みの自由研究についてお話ししました。

私が理科について、そしてSS-1自由が丘教室で活躍しておられる馬屋原吉博先生が社会についてお話しし、とても有意義な時間になりました。

自分の専門分野をお話する経験としてももちろん、普段はお互い忙しくゆっくり科目の話をする機会が少ない社会のエキスパートの話をじっくり聞く時間がとれたのも素敵でした!
馬屋原先生の社会は本当にすばらしいので、お悩みのある方はぜひ!目から鱗です!!


さて、受験生、中でも6年生はあまり時間や手間のかかる実験や観察などは難しいのですが、工夫してみるといろいろなことができるんですね。

受験生にとっての理科自由研究のヒントは、やはり入試問題にあります。

たとえば、光が屈折する方向を答える問題は入試問題では多いですが、実際に光が屈折していることを実験によって再現し、それがどのような仕組みでそうなっているのかを考え、作図などによって結論を出す、これも立派な自由研究になります。


このような状態を作り出しなぜそのように見えるのかを考え、結論づけるのですね。

特に時間のない6年生へのおすすめは、短時間でできて受験学習のためにもなる実験がおすすめ!

http://resemom.jp/

7月頃の掲載をお楽しみに!
実験は楽しい!


身のまわりの理科2012年06月21日18時50分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の辻義夫
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である辻義夫が家庭学習で悩んでいる方にすぐに実践できる効果的な学習方法をお教えします。