中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 辻義夫の中学受験に打ち勝つ家庭学習法 -> 子育て ->伸ばせる才能は伸ばす

伸ばせる才能は伸ばす

子育て2012年07月26日17時50分
「女の子は男の子にくらべて理系科目が苦手」

そんなイメージ、持っていませんか?

私の経験上、とでも理系科目が得意な女の子はたくさんいましたし、実に惚れ惚れするくらいの理系の能力を持った女の子もいます。

また
「男の子はこん虫好きが多く、女の子は植物好きが多い」
と言われたりもしますが、これも本当?って思いますよね。

理系科目大得意の女子もたくさんいますし、植物大好きな男子がだってもちろんたくさんいます。

伸ばせる才能は伸ばしちゃいましょう。

確かにテストの受け方としては、確実に点が取れる方法を選択するのがセオリーであり、難問に時間をかけすぎて易しい問題で失点する、ということは絶対に避けなくてはなりませんが、これは「自分の才能にふたをする」ということではありません。

確実に難問を見分けられる選択眼がつくという利点もあります。

「この分野なら、僕はけっこう難しい問題まで解けるんだ。」

という分野や単元があることは、お子さんの大きな自身にもなります。

この夏、塾に通っているお子さんは、夏期講習でたくさんの単元の復習をするはずですね。
そのなかで、「これはできがいいな」と感じる単元があったら、

「あなたって、本当に頭のいい子ね。」

と褒めちぎってあげてください。

「頭がいい」
「かしこい」
「天才」
「素晴らしい!」
「素敵!」

どんどん言ってあげて構いません。

何かを掴んだら、お子さんたちって実にいい顔をして問題を解きますよ。



SS-1で活躍する社会の馬屋原先生に教えてもらった、受験生にお勧めの夏の社会科自由研究、「フィールドワーク」をやってみました!
http://resemom.jp/article/2012/07/20/8828.html
意外なところに貴重な資料を展示している施設があるんですね。
写真は外務省の外交史料館。
子育て2012年07月26日17時50分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の辻義夫
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である辻義夫が家庭学習で悩んでいる方にすぐに実践できる効果的な学習方法をお教えします。