中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 辻義夫の中学受験に打ち勝つ家庭学習法 -> かしこい塾の使い方 ->時間の使い方を確認しよう

時間の使い方を確認しよう

かしこい塾の使い方2012年08月16日17時19分
お盆も過ぎ、受験生の皆さんも夏のラストスパートですね。

夏休みもあと2週間となった今、もう一度時間の使い方をチェックしておきましょう。

進学塾の夏期講習を受ける6年生で、宿題をらくらくこなすことができているお子さんは、あまりいないと思います。

夏期前半を過ごしてみて、やはりうまくまわすのは難しいな・・・と感じているお父さんお母さんも多いのではないでしょうか。

夏の長時間学習と大量の宿題は、時間の使い方をトレーニングする材料と考え、残り2週間もそれを意識して過ごされることをお勧めします。

9月からは平常授業に加えて志望校別の特訓も始まりますし、塾によっては過去問特訓や志望校別コースの補習があるところもあります。

また第一志望校以外の学校の過去問も少しは解いておきたいなど、やりたいことはたくさん。

いらない講座は省いたりして「かしこく塾を使う」というスタンスで臨んでも、使える時間には限りがあります。

ここでもう一度、宿題演習時には大問1つあたりの時間を決めているか、また1つのメニューをするための時間を決めているかを確認しましょう。

塾の宿題は全部できてすべて身につくのが理想ですが、それを目指すあまり却って効率の悪い学習サイクルになっては本末転倒です。

理科に関しては、
① 計算分野、暗記分野それぞれに関して、大問1問あたりに費やす時間を決めて取り組む
② わからなかった問題には付箋をつけるなど、あとでわかる状態にしておく。
③ ②の問題の解決計画を立てる
④ ③で立てた計画を実行する
を繰り返して進めていきます。

だから、あまりに「忙殺」されているとうまく進まないんですね。

残り2週間、時間をうまく使う練習ですね。


かしこい塾の使い方2012年08月16日17時19分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の辻義夫
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である辻義夫が家庭学習で悩んでいる方にすぐに実践できる効果的な学習方法をお教えします。