中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 辻義夫の中学受験に打ち勝つ家庭学習法 -> 身のまわりの理科 ->オリオン座を見上げてみよう

オリオン座を見上げてみよう

身のまわりの理科2012年11月29日13時26分
明日からもう12月ですね。

我が家の南側にあるバルコニーから見上げると、
オリオン座が見られる季節になりました。

オリオン座を見上げるたび、子どもの頃に初めてオリオン座を
見つけたときのことを思い出します。

その時の感想は

「でかっ!」

というものでした。

テキストや図鑑などで見る小っちゃな写真のオリオン座を探していたのですが、
本物は「予想外」に大きいものでした。

夜空の星座が、実際にどのくらいの大きさに見えるのかを問う問題、
中学入試問題にもあります。

たとえば慶応湘南藤沢中の問題では

地球から見える月の直径は、オリオン座のどの部分の長さとほぼ同じか、という問題がありました。


t_20121129_01.jpg


選択肢は
1. AB間の長さ   2. CD間の長さ  3. CE間の長さ  4. AG間の長さ

・・・正解はどれだと思われますか?

実際のオリオン座をよく見る方は、絶対に4は選びませんよね。

月がそんなに大きく見えたら大変です!


正解は2です。

自信を持って答えられる受験生が非常に少ない問題ですが、観察する機会があれば
四択を二択くらいには絞ることができる問題ですね。


たまには、夜空を見上げてみましょう!

t_20121129_02.jpg

街がクリスマス一色になり始めました。私は「受験生にはクリスマスもお正月も・・・」という考え方ではないんです。少し気分は味あわせてあげたいですね。
身のまわりの理科2012年11月29日13時26分
主任相談員の辻義夫
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である辻義夫が家庭学習で悩んでいる方にすぐに実践できる効果的な学習方法をお教えします。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.