中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 辻義夫の中学受験に打ち勝つ家庭学習法 -> 中学受験 ->前受けの合否

前受けの合否

中学受験2013年01月10日19時28分
「おいこみ」と言われる時期真っただ中ですね。

関西では受験直前、首都圏でも1月受験が始まります。

本命の受験の前に受ける、いわゆる「前受け」とはいっても、
お子さんたちは独特の緊張感を持っておられると思います。

さて今回は、その「前受け受験校」の合否の判断のしかたについて考えてみましょう。


理想的には前受け、本命とも合格!
でしょうが、前受けとはいえ函館ラ・サールなどは難関校。
人気も高い学校ですから、いくら「成績的には大丈夫」であっても「絶対」はあり得ません。

合格の場合は、ひとまず「おめでとう!」ですね。
あまり喜ぶと、本番に向けて油断が出てしまうのではと考える
お父さん、お母さんもいますが、それほど浮かれはしないものです。

不合格の場合は、「単なる練習だった」ことをしっかり伝えてあげることです。

つまり、前受け校の不合格があったからこそ、
本命校の失敗の可能性を最小まで抑えることができる、
とご本人にわからせてあげること。

この作業を、お父さんお母さん、そして塾の先生にも手伝ってもらいながら、全力でやることです。

照準は、本命校合格!ですから。

しっかり乗り切っていきましょう。

t_20130110_01.jpg

東京スカイツリー「すみだ水族園」にて。
中学受験2013年01月10日19時28分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の辻義夫
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である辻義夫が家庭学習で悩んでいる方にすぐに実践できる効果的な学習方法をお教えします。