中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 辻義夫の中学受験に打ち勝つ家庭学習法 -> 中学受験 ->入試まであと数日でできること

入試まであと数日でできること

中学受験2014年01月23日23時45分
1月も下旬を迎え、東京都での入試が近づいています。

太平洋側では空気が乾燥していて、風邪をひきやすい気候ですから
入試を控えたお子さんには気をつけてあげてくださいね。


さて、あと数日に迫った入試、ここから何かできることは?

と聞かれたら、やはり「暗記」と私は答えます。

自分がお子さんの前に立って、授業をしてあげられるなら、
物理や化学の計算問題などもどんどん教えて、いわゆる
「得点力」をつけてあげたいですが、お子さんたちが自分でできることといえば、
やはり暗記でしょう。

1つでも多く、「今まであまりしっかり覚えていなかったな。。。」と感じる、
気になる分野の記憶に集中しましょう。

特に実験や観察に関しての記述問題などは、学習のしがいがあります。

光合成の問題で、日光に当てた葉を摘み取って、熱湯につけるのは
何故だったでしょうか?
その後、熱したアルコールに浸すのは、何故だったでしょうか?

「デンプンが他の物質に変化するのを防ぐため」
「葉の緑色を抜く(葉緑素を溶かしだす)ため」

など、それぞれ理由がありましたね。

お父さん、お母さんは、それがどうしてなのか、
何かで調べて教えてあげてください。
塾のテキストにも書かれていますし、インターネットなどで
調べても良いと思います。

そうしてあと数日間、お子さんと一丸となって、頑張ってみてください。

1つでも入試に出たら、お子さんはとてもとても
安心するに違いありません。

「やった!出た!!」という安心感は、お子さんの実力を
想像以上に発揮させてくれるものです。


ここまで一緒に頑張ってきたお子さんと、お母さん、お父さんへ。

あと数日です。

ご検討をお祈りしています!!

20140123.jpg
中学受験2014年01月23日23時45分
主任相談員の辻義夫
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である辻義夫が家庭学習で悩んでいる方にすぐに実践できる効果的な学習方法をお教えします。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.