中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 辻義夫の中学受験に打ち勝つ家庭学習法 -> 中学受験 ->忘却のすすめ

忘却のすすめ

中学受験2014年08月08日10時21分
「今日のことは今日のこととして、明日に向かって万全の準備を整えたいと思います。」

テストの結果が悪かったとき、お子さんが言ったら、どんな対応をするでしょうか。

「何言ってんの!さっさと直しをしなさい!」かもしれませんね。確かに反省は重要なことです。テストの直しも大事ですね。

ところで、冒頭の言葉はどんな職業の人たちがよく使うと思いますか?
もうピンときた方もいると思います。

上記のようなコメントをするのは、一流スポーツ選手です。

今日の失敗を、明日まで引きずらない。
何としてでも、明日までには自分の気持ちを立て直す。

そういうメンタルトレーニングを受けているんですね。

確かに過去の失敗を記憶にとどめ、二度と同じような失敗をしないように活かすことは大切です。しかし、悪い流れを断ち切り、自信を持って取り組むために忘れることもときには必要です。

あまりにも結果が悪いテスト。長い受験勉強、そんなこともあります。
ひとつくらい、そのまま忘れてしまうテストがあったっていいのです。

6年生は、夏が終わったら大切なテストが続きます。大切なテストですが、各塾ともあまりに回数が多いので、振り回されて自信をなくすばかりになってはいけません。データとして活用、判断の材料にすることはもちろん必要です。冷静に、視野を広く、を意識していきましょう。

20140808.jpg
中学受験2014年08月08日10時21分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の辻義夫
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である辻義夫が家庭学習で悩んでいる方にすぐに実践できる効果的な学習方法をお教えします。