中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 辻義夫の中学受験に打ち勝つ家庭学習法 -> 子育て ->記憶について

記憶について

子育て2015年02月21日22時07分
こんにちは。辻です。

今回は、記憶について考えてみたいと思います。

たとえば、皆さんの子どもの頃の記憶。
私は子どもの相手をすることが多いので、自分が子どもだったころのことを、詳細に思い出します。そして同時に、記憶は都合よく書き替えられるということも経験します。

どういうことかというと、思い出したくない、そうであってほしくないという思い出は、いつしか思い出しにくい、記憶の奥底に沈んでいき、思い出したい輝かしい記憶はさらに輝かしく装飾がなされる、という感じでしょうか。

たとえば成功体験です。これがうまくいったという成功体験は、自信の源となり、さらなる成功のもととなることもあります。

一方、成功体験に縛られてうまくいかないということもあるのです。

特に子どもに自分の成功体験を当てはめようとする場合は、注意が必要です。子どもは自分とは違う人間で、自分と同じやり方ではうまくいかない可能性があるからです。また単純に、自分の記憶ほど子どもの頃の自分ができていなかったということも多いです。

子どもは何かができるようになるのに、時間がかかるものです。失敗をするものです。

私たちもそうだったのです。

でも大人になると、我が子の頼りなさに歯がゆさを感じて、もっと効率よくできないかとか、そう考えてしまう。


今日は教室で、お子さんの成長を信じて待ち、穏やかな表情で合格の報告に来てくださったお母さんとお話をしました。

お母さんの愛情に包まれてゆっくり成長し、合格の喜びを噛みしめるお子さんに拍手を送りながら、そんなことを考えた土曜日でした。
子育て2015年02月21日22時07分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の辻義夫
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である辻義夫が家庭学習で悩んでいる方にすぐに実践できる効果的な学習方法をお教えします。