中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 辻義夫の中学受験に打ち勝つ家庭学習法 -> 取材 ->フジテレビ「バイキング」に出演しました

フジテレビ「バイキング」に出演しました

取材2015年03月06日18時47分
昨日、フジテレビの「バイキング」という番組にVTR出演しました。「子どもが賢くならない親の特徴」というランキングの解説です。

番組スタッフにランキング結果を見せていただき、親としての「NGワード」はなぜ「NGワード」なんだろうと、あらためてよく考えてみると興味深いものでした。

ランキング結果は

1位 結果だけで評価する
2位 子どもの過去を責める
3位 人前で「うちの子はダメ」という
4位 ご褒美でやる気を出させる
5位 「宿題やったの?」と確認する
6位 習いごとをやめさせる
7位 単語の会話を許す
8位 子ども以上に落ち込む
9位 父親が母親を責める
10位 自分ができなかった目標を背負わせる

というものでしたが、どれもついつい日常でやってしまいがちな行動です。中には、「時と場合によっては」というものもありますが、基本的にあまりしないほうが得策と思います。

1位と9位のようにつながっているものもあります。お父さんがテスト結果だけを見てお母さんに対して「いったいどうなっているんだ?」と責めると、お母さんはお子さんのテスト結果だけに一喜一憂し、振り回されることになります。

また必要以上に親の視野が狭くなり、中学受験自体がまるで目標であるかのようになってしまうと、思い通りにならなかったときに子ども以上に親が落ち込むことになります。自分が達成できなかったことで、親がうちひしがれているのを見ると、家に子どもの気持ちの居場所がなくなってしまいます。

自信という字は「自分を信じる」と書きますが、自分を信じる気持ちは、誰かに全面的に信じてもらって初めて生まれるものです。

入試が近づいて気持ちが焦る前に、今一度考えておきたい問題ですね。


20150306.jpg

街にも春が来はじめています。
取材2015年03月06日18時47分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の辻義夫
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である辻義夫が家庭学習で悩んでいる方にすぐに実践できる効果的な学習方法をお教えします。