中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 辻義夫の中学受験に打ち勝つ家庭学習法 -> 動画 ->受験刑事

受験刑事

動画2015年03月16日15時16分
昨日、受験に関する企画ドラマの撮影に参加しました。といっても私は完全に裏方で、演じるのはプロの俳優さんたちです。

自分たちがふだん言っているようなこと、たとえば「塾の宿題は、やるべきものとそうでないものに分け、優先順位をつけて取り組むべきだ!」と、迫力満点の刑事役の俳優さんが言うと、なんだか感無量です。

撮影を見学していて感じたのは、やっぱりプロはすごいなぁということ。カメラのプロ、演出のプロ、そして演じるプロ。チームが協力しあって、1つのメッセージを伝えるために様々な手間と労力を惜しまない姿勢は、どんな仕事にも通じるプロの流儀。

中学受験の「間違った常識」を扱った作品ですが、もちろん演技者がその内容を自分に落としこんでいなければ、表現した結果は上っ面だけのものになります。だから演出者も演技者も、中学受験に関して真剣に取材し、学び、セリフの意味するところを理解し、自分の言葉で表現できる状態にしてから撮影に臨む。

だから言っていることに説得力が宿る。

授業だって同じだなと感じながら、見学していました。


「自分が解くだけでなく、目の前の子どもができるようのならないと授業の意味は無い。」

「どのような伝え方をすればもっともよく伝わるだろうか。」

「ここでは一字一句間違わないよう伝えなければ、子どもは混乱するだろう。」

瞬時にいろんなことを考えながら、そして子どもの反応を見ながら、次の行動を決定して自分の言葉で表現する。

伝えるということに「完璧」は存在しない。だから明日からも努力を続けようと考えながら、最終電車で帰宅したのでした。

あ、ドラマの題名ですか?

「受験刑事」です(笑)

そのうち皆さんにお披露目できるかもしれません。
なんで受験なのに刑事なのって、それは見てのお楽しみです(^^)

20150316.jpg
動画2015年03月16日15時16分
主任相談員の辻義夫
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である辻義夫が家庭学習で悩んでいる方にすぐに実践できる効果的な学習方法をお教えします。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.