中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 辻義夫の中学受験に打ち勝つ家庭学習法 -> 取材 ->ヤフーニュースにとりあげられました

ヤフーニュースにとりあげられました

取材2015年03月17日16時14分
3月12日に渋谷で行われたセミナーが、ヤフーニュースにとりあげられました。

このセミナーは、私が主任相談員を務めさせていただいている「中学受験情報局 かしこい塾の使い方」という中学受験ポータルサイトと、私が所属する「中学受験専門個別指導 SS-1」、そしていっしょに主任相談員を務めさせていただいている西村則康先生が主宰する「家庭教師 名門指導会」の共催でした。

私のパートは、「受験に勝つ理科学習法」という題名で、「ある種の理想論です」とお断りした上でお話ししました。

たとえばものの名前を覚える、という作業でも、何度も何度も暗唱してとにかく覚えるという方法と、なぜそのような名前なのかを知り、深く納得して覚えるのでは、覚えておける長さや忘れてしまったときの思い出しやすさが全く違います。

もちろん後者が理想だと思いますし、出来る限り理想に近い形で子どもたちに伝えるのが講師の使命です。

セミナーでもお話ししたのですが、「真空中では鉄級と鳥の羽は同時に地面に落ちる」という物理現象を、子どもたちが理解し、すっと腑に落ちるような方法があります。
いらない紙を1枚、子どもの目の前で机の上にすっと落とします。紙はふわりと机の上に着地します。そして次に、その紙をくしゃくしゃに丸め、同じ高さから落とします。すると、その紙はストンと机の上に落ちます。そしてひとこと

「同じ紙だよね?」

するとお子さんは、空気の抵抗ということを深く理解するのです。

ちょっと工夫すれば子どもを理科好きにする方法はたくさんあります。私はそんなことばかり毎日考えて過ごしています(笑)。

毎回セミナーではそんな話題をたくさんお話ししていますが、公開する機会もあると思いますので、機会があればぜひ見てください。

ニュース記事はこちら
取材2015年03月17日16時14分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の辻義夫
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である辻義夫が家庭学習で悩んでいる方にすぐに実践できる効果的な学習方法をお教えします。