中学受験 情報 局『かしこい塾の使い方』

TV、雑誌など多数メディアに連日掲載

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 ホーム -> 主任相談員の中学受験ブログ -> 辻義夫の中学受験に打ち勝つ家庭学習法 -> かしこい塾の使い方 ->開成中理科2016 合格者は何を解いたか

開成中理科2016 合格者は何を解いたか

かしこい塾の使い方2016年02月03日16時35分
20160203043315.jpg

今日、御三家の雄、開成中学校の合格発表があり、詳細な入試データも公表されました。
理科の合格者平均点は61.4点、受験者平均点は56.9点。満点は70点ですから、合格者は平均は約88%の得点率です。
ところで、このテストの問題を難度別に分けてみると
A(開成中受験者にとって難度低)・・・14問
B(開成中受験者にとって難度中)・・・9問
C(開成中受験者にとって難度高)・・・4問
小問が合計27問あるうち、AとBのレベルの問題をすべて正解すると、約85%の得点率で、ほぼ合格できることがわかります。
70点満点で27問の小問数ですから、1問あたりの平均配点は約2.6点。つまり、合格者平均と受験者平均の差(4.5点)から考えても、Bレベルの問題で1〜2問失点してしまったら、もう合否の境目ということになりそうです。
問題のレベル分けは私の独断ですが、Cレベルにした問題は、大人が、というか理科の先生が見ても「ちょっと落ち着いて整理しないとミスしてしまいそうだな」と感じるもの。
テスト後半に進むに連れて難度が高くなり、40分という制限時間内で落ち着いて、論理的に判断しなければならない局面が何度かあるテストです。
「開成の理科の問題は易しい」とよく言われますが、ちゃんと合格ラインをクリアするのはやはり難しいということです。
開成中を目指すみなさん、しっかり点を取り切る訓練をしていきましょうね!
かしこい塾の使い方2016年02月03日16時35分

ページトップへ戻るページトップへ戻る

主任相談員の辻義夫
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』の主任相談員である辻義夫が家庭学習で悩んでいる方にすぐに実践できる効果的な学習方法をお教えします。