中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 学習塾別攻略マニュアル -> 浜学園編 -> オプション講座選択の難しさ

オプション講座選択の難しさ

3年生ぐらいの低学年から学年が上がるたびにかなりハードなカリキュラム・宿題になり、ご家庭で消化していくのが大変になります。

よほど図抜けた能力を持っていないと、生徒一人で宿題消化・定着を進めていくことが中々できないようです。

そして、一般コースとは別に「最高レベル特訓」、「選択社会」、「コース別各種特訓」、「トップレベル講座」、「サンドウィッチ特訓」とオプション講座が目白押しで、今どの授業を選べばよいのか分かりにくいという声を良く聞きます。

浜学園内においても相談する先生によって勧められる講座もバラバラなので、保護者は迷ってしまうことが多いようです。

勧められるままに全て受講してしまうと、家庭学習=宿題をおこなう時間がなくなり、結果的に学習サイクルやモチベーションが破綻するケースが非常に多いのも特徴です。

担当講師は大学生のアルバイト講師が中心(特に低学年)であるため受験技術指導に偏りがちで、生徒・保護者のメンタル部分への配慮を過大に期待して進路相談を行うと、講師とご家庭の間に軋轢を生じてしまう事もままあるようです。

合理的・総合的な指導計画よりは、とにかく解きまくれば良いという勢いだけで指導している傾向の強い講師が多い事も否めません。

最高レベル特訓などは難関校受験者には必須との宣伝がなされていますが、最レテキストの改訂があまり頻繁になされておらず、現状の入試にそぐわない面もあります。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.