中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 学習塾別攻略マニュアル -> 浜学園編 -> Vクラスの方

Vクラスの方

1.科目バランスを確認しましょう
浜学園のお子さんによくあるのが、突出してある科目だけがよく出来るという状態です。
もちろん他の科目が壊滅的にできないのであれば他の科目を何とかしようと当然のように考えますが、そんなに悪くはないけど良くもない科目があるときに、得意科目があるから大丈夫という考えになってしまいがちです。

浜学園を使って志望校に合格するためには、志望校別特訓で希望コースに入ることが前提になります。
認定基準偏差値が比較的緩めのため、志望校に合格するならコースに入れて当然という状況でもあるからです。

その際、科目バランスが悪ければ、基準ぎりぎりになってしまう場合もあります。
余裕を持って合格を勝ち取るために、少し苦手な科目があるという状況を脱して、バランスよく必要科目で得点できる力を養うように取り組んで下さい。

2.解く速度と正確さの両方を鍛えましょう
宿題で大切なことは、できていないことは何かを見極めること、そしてどうやったら正解していたのかを理解することです。

できていないことを見極めるというのは、どこを間違ったのかを自分で見つけられるようにするということです。
間違った問題をはじめから全部解き直しさせるのではなく、あと少しで解けていた問題と、正答率が志望校のレベルに照らし合わせると解けておきたいレベルだったものを集中的に行うようにしてみてください。

志望校の偏差値が例えば70だったなら、100-70=30から、正答率30%の問題までは全問正解出来るように取組むなどのおおまかな基準を設けてみてください。

3.春休みや夏休み等の長期の休みにまとめて弱点補強しようと考えないで下さい
このことはやらなければならない内容が莫大となる6年生の方にはぜひ知っておいていただきたいことです。

講習会中は長時間の授業を受けるわけですから、必然的にやらなければならないことも増えることになります。
やらなければならないことが増えるわけですから、長期の休みといっても、実はそれほど時間的な余裕が持てるわけではありません。
積み残したものを一気にこなすことはできないというのが現状です。

9月になると、思うように計画が進まなかったというご相談が多くなるのはこのためです。
週に一日は、積み残しを解消する日を計画的に設けてください。
そうすることで、長期の休みには本当に必要なことだけを復習できるようになります。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.