中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 学習塾別攻略マニュアル -> 浜学園編 -> Q.小5Hクラスでわからない問題が増えてきています。小6になった時に浜学園を使いこなすための工夫とは?

Q.小5Hクラスでわからない問題が増えてきています。小6になった時に浜学園を使いこなすための工夫とは?

浜学園のHクラスに通う小学5年生の娘の母親です。
小学校4年生の夏期講習会から浜学園に通い始めました。初めは楽しく通っていましたが、5年生になってからは宿題を見てやっていても、できない問題やわからない問題が増えてきました。娘も授業をノートにきちんと写せていないようです。秋に一度、教育相談を受けてもみたのですが、改善の兆しが感じられません。娘は浜学園に通うことは嫌がりませんが、6年生になってどのようにしたものかと困惑しています。

ご相談いただき有り難うございます。
志望校にもよりますが、中学受験を前提に考えた場合、浜学園の小5Hクラスの授業やテストについていくのが厳しいようでしたら、小6になって浜学園を使いこなすためには、大きく分けて次の2点についての工夫が必要です。

①小5内容の復習をどのように行うか。
浜学園のような進学塾の小6カリキュラムは、その塾での小5内容をある程度理解していることを前提に作り上げられています。
従って、既習単元の掘り下げ学習が中心になります。
お子さんの場合、小5内容につまずきがあると考えられますので、この復習が最重要課題になるでしょう。
実際の中学入試問題を見ていただくと、浜学園のような進学塾の算数や国語の5年生内容は、平均的な入試問題に十二分な対応ができるものになっています。
浜学園の小6講座からは「日曜練成特訓 基礎講座」が、小5内容の復習ができる候補の一つとして考えられます。
ただ、教科によっては単元に偏りがあること、指導時間が4教科では9時間に及ぶことや授業ノートがご心配とのことですから、小5内容の復習については時間数や目配りの点から家庭教師や個別指導などの利用も視野に入れていただくほうが無難だと考えられます。

②浜学園の小6の講座選択をどのようにするか。
お通いの教室によって、日数、1日の授業時間数や実施科目に差異があります。
また、どのレベルまで学力を引き上げたいか、現在の学力はどの程度まで上がってきているのかということも非常に重要な要素になります。
例えば、思い切って平常授業をカットして、志望校合格までのギャップを埋めるための学習を家庭で行うという手段も考えられます。

どのような選択を行うか、という面で幾つか選択肢を考えることができますが、いずれにせよ現在のお子さんの学習状況と、ゴールとなる志望校合格までにあるギャップが明らかにならなければ、成績アップの手段を具体的にしていくことができませんので、できれば早急に現在のお子さんの学習状況を分析する機会を作ってあげて下さい。
浜学園での教育相談はムダには決してなりませんが、非常に数多くのお子さんたちを小数のプロ講師が抱えているという現状もありますから、可能であれば近隣で信頼できるプロ講師を探し、例えば体験授業などの機会でも構いませんので、お子さんの現状の分析を行っていただきたいと思います。

お子さんの成績アップを心から願っております。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.