中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 学習塾別攻略マニュアル -> 浜学園編 -> Q. 浜学園の国語の公開テストは点数がとれるのが、合否判定テストになると時間が足りないようで点数が取れません。

Q. 浜学園の国語の公開テストは点数がとれるのが、合否判定テストになると時間が足りないようで点数が取れません。

浜学園の国語の公開テストは少しずつ点数がとれるようになってきましたが、合否判定テストになると全く取れません。
子どもは時間が足りないというのですが、どうすればいいですか?

浜学園の公開学力テストは、国語の問題は記号選択とぬき出しが中心です。
それに比べると、合否判定学力テスト記述問題が多く加わってきます。
また、制限時間が長い分、文章も長くなっていますね。

「合否になると時間が足りない」とおっしゃるお子さんはとても多いのですが、その原因はさまざまです。
まずは、お子さんが何に時間を取られているのかを観察してみましょう。

次のようなチェックをなさってはいかがでしょうか。

①テストの時と同じように、普通にテストの文章をお子さんに読んでもらい、何分で読めるか計る。
かなり長い文章でも、模試の問題文に10分以上の時間がかかっていてはテスト全体を解くことを考えると長すぎます。

②記述問題について、自力で答えが書けるかどうかを確認する。
  • →書けないなら無理に取り組んでも時間を使うだけなので、思い切って記述問題は最後に回します。
  • →書けるなら、その答えを書くのに何分かかっているか時間を計ります。
書くのにあまり時間がかかるようでは他の問題を解く時間がなくなってしまいます。
ここでも他の問題とのバランスに注意し、1問あたり3〜5分で書くことができているかチェックしましょう。

③ぬき出し問題は大ハマリする(抜き出しだから簡単に正解が出るだろうと取り組んだ結果、思ったよりも大幅に時間を使ってしまう)怖さがある問題形式。
テスト時間が足りなくなる原因になっていないかチェックしましょう。

④日ごろの勉強と同じ方法で記号問題を解いたとして、一問に何分かかるか時間を計る。
解いていく中で、正解ではないと判断した問題にわかりやすくチェックを入れられているか、どこがポイントとなって正解ではないと判断したのかを、ひと目でわかるようにできているかなど、チェックしてみましょう。

お子さんが文章を読み、問題を解くのにそれぞれにどの程度の時間をかけているのかがわかってきたら、テスト全体を見てみましょう。
テストの問題、すべてを解くことができているでしょうか。時間不足で空白になっている部分が多い場合もあれば、逆に時間が足りないにもかかわらず、すべての問題に手を付けて、結果的に正答率が非常に低い答案になっている場合もあります。

お子さんの答案にはどんな特徴があるのか、得点が伸びない原因になっていることは何かが、見えてきたでしょうか。
もしも専門家に相談する場合も、これくらいまでお母さんが調べて準備しておけば、状況を正確に判断してもらいやすく、対策も非常に立てやすいのではないかと思います。

ぜひチャレンジしてみてください。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.