中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 学習塾別攻略マニュアル -> 浜学園編 -> Q. うちの子は本が好きではないのですが、読書をさせるいい方法はありますか?

Q. うちの子は本が好きではないのですが、読書をさせるいい方法はありますか?

うちの子は本が好きではないのですが、読書をさせるいい方法はありませんか?

読書というのは習慣でもあり、そしてお子さんの興味から出発するものでもあります。
ですから、無理に本を読ませようとしてもお子さんは嫌がるだけでしょう。

お子さんに読書習慣をつけさせるもっとも効果的な方法は、お父さん、お母さんが読書をすることです。
親がよく小説などを読んでいると、お子さんも何かしら自分が興味をもつ分野の本を持ってきて読み始める、という状況は意外に多くあるものです。

もっとさかのぼって、お子さんがまだまだ小さいという場合は、読み聞かせなどで本の楽しさを十分に味わわせてあげると、自分でも読んでみたがるようになります。
親子で交互に読み聞かせるような習慣があってもいいですね(実は家庭教師などでの国語の指導ではよく行われる方法です)。

読書の習慣があると、読解力がついて国語の成績が良くなるのでは、と考えるお父さん、お母さんも多いのですが、必ずしも読書好きだからすぐに国語の成績が上がるとか、特別な勉強をしなくても点数が取れるというわけではありません。
ただし文章を読む習慣は、国語の文章を読むときのスピードなどに役立つでしょう。

楽しみとしての読書が無理なくできるようになると、問題を解くという視点での「読み」の練習にも無理なく入り込んでいけるようになります。

単にストーリー・内容を追うというだけでなく、登場人物の心情を細やかに考察したり、筆者の意図を深く考えたりという「読解」の学習を受け入れやすくなるということです。

まずはお父さん、お母さんが読書習慣をつけるところから始めてみてはいかがでしょうか。その上で、まずは文学作品でなくても、マンガの小説版からでもよいので、お子さんが本を読むようになったら、少しずついろんなジャンルの文章を読んでみるようにアドバイスしてあげるとよいでしょう。

Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.