中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 学習塾別攻略マニュアル -> 浜学園編 -> Q. 東京の学校を受験させたい場合、浜学園よりも東京に多くの教室がある塾へ変わったほうがよいでしょうか?

Q. 東京の学校を受験させたい場合、浜学園よりも東京に多くの教室がある塾へ変わったほうがよいでしょうか?

今2年生で、浜学園に通っています。
実は東京の学校を受験させようと考えているのですが、浜学園よりもたくさん東京に教室のある塾に変わったほうがいいですか?

浜学園もすでに関東に教室を出していますから、東京の学校の受験に対応できないということは全くありませんし、お子さんの学年を考えると、受験に必要な基礎知識を学んだり、学習姿勢を身につけたりする事が今は最優先でしょうから、東京受験を理由に今すぐ転塾する必要はないでしょう。

まずは学力の向上を目標として学習を進め、受験校に関しての傾向対策が必要な時期に、どのように傾向対策を行うのか、というような手順で考えておきましょう。

実際、関東と関西で、中学受験の問題傾向にどれくらい違いがあるかといえば、それほど大きな違いはありません。
これは、中学受験用の問題集や参考書が、全国共通で発売されていることからもお分かりになると思います。
ただし、まったく同じような傾向かといえば、若干の違いはあります。

たとえば関西の最難関中学校では受験科目が3科目というところが複数あり(灘中・甲陽学院中・六甲中など)、首都圏では4科目の学校が多い(男女とも御三家はすべて4教科受験です)といったことや、算数の難易度が若干違うなど、細かく見ていけば東西で受験対策も若干違います。

何より、受験する学校にピッタリの受験対策をしたいですから、関東の学校を受験するなら、その学校の受験対策に関してしっかりしたノウハウを持つ塾を選ぶのがいいでしょう。
ただし、志望校対策に特化した授業が塾で行われるのは、高学年になってからです。

お子さんが低学年のうちは学力をつけながら情報を集め、高学年になったときにどの塾で志望校対策を行うのがもっとも効果的か、ゆっくり時間をかけて考えればよいのではないかと思います。
関東で「大手4塾」と呼ばれているのがサピックス、日能研、四谷大塚、早稲田アカデミーですが、それぞれに特徴があり、ノウハウを持つ学校にもそれぞれ違いがあります。

もしも、今実際に通われていて不都合な点があったり、お子さんが強いストレスを感じていたりするなど、明確な理由があるのであれば、転塾を検討されたほうが良いかと思われます。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.