中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 学習塾別攻略マニュアル -> 浜学園編 -> Q. 高学年から浜学園に通わせたいのですが、それまで通信教育で受験勉強させるのは大丈夫でしょうか?

Q. 高学年から浜学園に通わせたいのですが、それまで通信教育で受験勉強させるのは大丈夫でしょうか?

今2年生で、高学年から浜に通わせたいと思います。
それまで通信教育で受験勉強させようと思いますが大丈夫でしょうか?

まずは大手進学塾での学習と家庭学習の違いを理解しておくことが必要かと思います。
その進学塾の受験カリキュラムは、本格的には4年生から始まります。
1年生から3年生までの講座を用意しているところもありますが、そのカリキュラムは、4年生への準備と考えればよいでしょう。
ですから、進学塾に通って受験勉強をするのは、4年生(塾の新学年が始まるのは2月なので、実際には3年生の2月)からがベストです。

塾ではカリキュラムにしたがって学習が進行し、確認テスト・復習テストなども行われます。
これが塾の最大の利用価値であり魅力です。
ご家庭で学習計画を立て、その学習計画にしたがって勉強するのは、なかなか大変なことです。
中学生や高校生ならできるかもしれませんが、小学生のお子さんには少々荷が重いことです。

進学塾なら今週は何を学習し、その宿題としてテキストのどの部分を、どれくらいやればいいかがカリキュラムによって示されているのです。
お子さんの理解度などによって、演習問題や宿題などは取捨選択は必要ですが、何をすればいいか、どれくらいの量やればいいかがわからない、といった無理や無駄はなくなります。

もちろん通信教育にもカリキュラムがありますが、塾のように決まった日時に授業機会が設定されるわけではありません。
自分のペースで学習することになりますので、学習効果が出ているのかを判断しながら進めていく必要があります。
もちろん小学校低学年のお子さんにはその判断は無理ですので、お父さん、お母さんの役割となります。
一週間のうち、いつ何をやるかというカリキュラムはご家庭で作りましょう。

実際の学習も、お父さんかお母さんが横について、お子さんの理解度を確かめながら進めていくのが望ましいでしょう。
通信教材では、理解度の確認をご家庭でできるような工夫がなされているはずです。
うまく利用し、お子さんがどれくらい理解できているか、その科目、単元を好きになれているかといったことを親が把握しておかなければなりません。

自分のペースで学習を進めることができる家庭学習だけになれ切ってしまっていると、高学年からの入塾で、クラスでの学習スピード、テンポに戸惑いを感じるかもしれません。
3年生くらいから夏期・冬期などの講習会などを利用して塾の授業に慣れておくのも一つの手段ですね。

このように、3年生までに準備をしながら塾の授業に慣れ、4年生から本格的に受験勉強にとりかかる、というスタートがもっとも無駄がなく、スムーズに取り組み始められるでしょう。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.