中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 受験準備と対策 -> 8月下旬から9月上旬、やっておきたいこと3つ

8月下旬から9月上旬、やっておきたいこと3つ

このエントリーをはてなブックマークに追加
更新: 2017年05月17日 公開:

8月下旬から9月上旬、ぜひ行いたいことが3つあります。

それは

  1. 1.夏の総括
  2. 2.夏の「積み残し」の正しい処理
  3. 3.9月からの生活の「予行演習」

です。

夏に身につけたもの、身につけなかったものの整理を

夏の終わり、多くの塾では夏期講習が下旬に終わり、数日の「空白」があります。
この8月末から9月上旬にぜひやっておきたいことの1つめは「夏の総括」です。夏が始まる前に考えていた「夏の終わり」になっているか。夏期講習を受講してどうだったか。何が身について、何が身につかなかったのか。

こういったことを整理して、あらためて最後の数日間の過ごし方を考えるのです。
その際の材料は、たとえば日能研や四谷大塚のように夏期講習にテストがあったのなら、そのテストです。この両塾は、夏期講習の内容が1学期の学習の復習が中心。夏期講習で復習を完了させて、2学期から新しい単元に臨むという体勢にしておきたいところです。

サピックスのように講習会中も新出単元のある塾では、他塾にくらべて「積み残し」がどうしても出やすくなります。それらの理解を深める機会として、この数日間は貴重なのです。

いずれにしても、夏期講習会で問題なのは「平常時にくらべて進度が早いので、復習内容だとしても消化不良になりやすい」ということ。その消化不良を解消してからの2学期にしたいものです。

夏の終わり「理想的な勉強」を試してみる

別のコラム「夏のがんばりを成績につなげるためにしておくべき学習のポイント」でも述べていますが、夏の学習はサイクルが早いので「こなすだけ」になりやすいのです。
思い返してみると、思い当たるフシがあるというご家庭も多いと思います。

そんな夏の学習単元から、ピンポイントで「これだけは」という単元をピックアップし、夏の終わりに丁寧に学習しておく。これがやっておきたいこと2つ目です。これをやっておくと9月以降につながります。
5年生の算数なら、各塾に共通する最重要単元は「割合」や「比」に関する学習でしょう。

4年生は各塾でカリキュラムに大きな違いがありますが、重要なのは復習内容と新出内容を分けて把握できているかです。夏に習ったどの単元が復習内容で、どの単元が新出内容なのか。
またサピックスのように単元としては復習でも、以前は習わなかったタイプの問題が出てくる塾、そして四谷大塚のように2学期以降に習う単元の「予習」が出てくる塾もあります。

優先順位は

  1. 1.復習内容での「積み残し」(各塾表通)
  2. 2.新出単元での「積み残し」(サピックス)
  3. 3.予習単元での「積み残し」(四谷大塚)

の順です。
これらのうちのいくつかの単元を、ちゃんと時間と手間をかけて丁寧に学習するのです。
「解きっ放し」に近かった夏の学習ペースはいったん忘れ、

  1. 1.例題や解き方、考え方の部分を読む
  2. 2.できれば誰かに説明し、自分が理解できていることを確認する
  3. 3.練習問題を解き、自力で解けるか確認する
  4. 4.答え合わせをし、間違っていてたら解説をよく読んで、どうしてその解き方で解くのか考える
  5. 5.改めてその問題を、あるいは同じ解き方の類題を解き、自力でできるか確認する

という丁寧な手順で学習します。
この5つの作業の中で重要なのは4と5で、この部分を省くとやる意味があまりなくなってしまいます。
お子さん任せだと悪気なく省いてしまう場合もあるようなので、重要性をよく説明してあげ、具体的な行動レベルで演習のしかたを教えてあげましょう。

8月末は9月の予行演習

長い夏休み、夏期講習があるとはいえ、学校のない生活を1ヶ月以上続けるお子さんたち。9月1日からまた「学校+塾」モードに戻らなければなりません。睡眠時間、起きる時刻、食事などすべてにおいてです。

8月末の数日間は、あえて学校があるときと同じ時刻に起きて、学校のある時間は夏の復習や夏休みの宿題の残りなど、勉強する。図書館などを活用して「場所を変える」ことをやってみるのもいいでしょう。
学校が終わったら、塾がある曜日なら、また数時間勉強となります。これもきちんと再現する。もちろん勉強の内容は夏の復習などでかまいません。 この「9月の予行演習」が、やっておきたいこと3つ目です。

こうやってしっかり「準備」して迎える9月は、きっとよい再スタートとなります。

ぜひ試してみてください。

この記事を書いた人
主任相談員 辻 義夫主任相談員 辻 義夫
メルマガ会員限定特典メルマガ会員限定特典
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.