中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 学習塾別攻略マニュアル -> 日能研編 -> Q.第一志望校に近い日能研の教室に通ったほうが良いのでしょうか?

Q.第一志望校に近い日能研の教室に通ったほうが良いのでしょうか?

日能研の西宮北口校に通う小学校5年生の男子の母親です。
現在、西宮市在住ですが、白陵中学を第一志望校にしたいと考えています。
小学校6年生から志望校に近い明石校まで通ったほうが良いでしょうか?

ご相談ありがとうございます。
すでにご存知のことだとは思いますが、日能研の本科教室カリキュラムは、小学校4年生2月から始まる「ステージⅡ」~小学校6年生1月までの「合格力 ファイナル」で構成されています。

このうち、いわゆる中学受験の根幹をなす部分は小学校5年生2月からの「ステージⅢ」~小学校6年生7月までの「ステージⅣ」です。

この1年半で学ぶことが受験に必要な知識であり、解法技術の中心です。
従って「超難関中学(例:灘中)」のような場合を除き、学校別に絞った特訓などに力を注ぐことになるのは、7月または夏休みからが一般的でしょう。

これらのことから、体力と時間が有り余っている場合を除き、まずはお通いの教室で行われる「本科教室」の授業に全力を注がれることをお勧めいたします。
そうすることで、白陵中の入試にも十分対応できる土台となる学力を高めることが可能です。
カリテなどのテストにおいても、正答率表などを上手く使って、やり直しなどの問題の取捨選択も行ってあげるようにして下さい。
その上で、白陵合格までに必要な学習をしっかりと行うことができます。

また日能研の学校別の特訓講座に関しては、今お通いの西宮北口校とご相談され、前述のようにお子さんの土台となる学力を高めている状態で、お母様がお考えの受験校に適したコースを勧めてもらわれるとよいでしょう。
その結果明石校で、というお話が出るかもしれませんし、西宮北口校での対策が可能というお話になるかもしれません。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.