中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 学習塾別攻略マニュアル -> 日能研編 -> Q.9月になり日能研で出される問題が、量も増えて内容も難しくなってきたので、学習方法についてアドバイスがほしい。

Q.9月になり日能研で出される問題が、量も増えて内容も難しくなってきたので、学習方法についてアドバイスがほしい。

日能研に通う小学校6年生の長男をもつ母親です。
9月以降、本科教室がステージⅤ(完成教室)、算数強化ツールがⅡになり問題が難しくなってきました。
また日曜日の特訓で頂くプリントの量も増えました。息子は毎日夜遅くまで勉強していますが、なかなか宿題が終わりません。
この調子で入試まで体が持つのかどうかとても不安です。
また、宿題を全部こなしきれないまま塾へ行くためか、カリテ(カリキュラムテスト)も最近下降気味です。これからの学習方法について、アドバイスをお願いします。


秋は、運動会、音楽会、修学旅行など小学校によって様々な行事が行われ、体力面、精神面の両方において受験勉強に集中することが難しい季節ともいえます。

一方で、受験勉強においては、これまでの学習を整理し、最後の弱点補強と「強点」強化のチャンスでもあります。
言いかえるならば、この時期にする勉強は、「与えられる」勉強ではなく、「するべきこと」を勉強する時期とも言えます。
これらの点から、以下の3点について取り組まれてはいかがでしょうか。

①1週間の学習スケジュールを見直しましょう。
...これまでもスケジュールは作られていると思いますが、今の状態(=現実)にマッチしているかどうかの点検を再度行って下さい。
その上で、健康管理に問題が無い範囲で、学習に充てることの出来る時間数を調べましょう。

②1週間にする家庭学習事項をノートに書き出して、優先順位をつけ直しましょう。
...日能研の先生とご相談されたうえで、お子様にとって重要な順にご家庭で行う学習事項の優先順位を決めて下さい。「絶対に完了させる>出来る範囲でする>時間に余裕が出来た時にする」の3レベルで分類し、「とにか
く全部しなくっちゃ...」から抜け出すために、何を終えなければいけないかを明確にしましょう。

③日能研で受けるテストに優先順位をつけましょう。
...この時期日能研(関西)では毎週+祝日がテスト日になっています。
日能研は関東から全国に展開した塾(2007年度 全国規模の小6センター模試受験者はおよそ15,000名に対し、関西日能研(+中国地区)の小6入試実戦模試受験者はおよそ1,300名です)ですから、ステージⅤのカリキュラムやテストスケジュールが全て、関西の受験生に適合するかどうかは不明です。
日能研の先生とご相談され、お子様にとって重要な順にテストの優先順位を決めましょう。返却されたテストについても全問の解き直しが必要なテスト、部分的な見直しだけでよいテストなどを教えていただき、お子様の受験に最も適したテストの受け方や使い方を教わって下さい。


Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.