中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 学習塾別攻略マニュアル -> 日能研編 -> Q.日能研で夏休みのがんばりを結果に出すことができなかったので、これからの学習方法でアドバイスがほしい。

Q.日能研で夏休みのがんばりを結果に出すことができなかったので、これからの学習方法でアドバイスがほしい。

夏休み期間中、朝から夜遅くまで日能研に通い、本当に良く頑張ったと思います。
しかし、最後の仕上げテストと9月のセンター模試では、苦手にしている算数の結果を出すことが出来ませんでした。
振り返ってみると、夏休み中は宿題に追われていただけのような気がします。第一志望を変更しようかどうか親子ともに迷いがあります。
これからの学習方法について、アドバイスをお願いします。


夏休みの効果的な使い方は「自分の学習」、つまり自分の強いところを伸ばし、弱点を潰していくことでしょう。

しかし、日能研のように進学塾に通われているお子様の場合、夏期講習テキストだけで体も心も手一杯ということが実際には多々あります。
日能研では9月以降のステージⅤ(9月~12月)を、ステージⅣで習得した4つの力、「調べる力」、「整理する力」、「推測する力」、「考え方を答案用紙に書き残す力」を実戦的に使いこなし身につけていくようなカリキュラムと位置付けています。
従って日能研の授業では「学力を100%発揮して問題を解くこと」を中心に展開されます。

そのため、テストもセンター試験やカリキュラムテスト以外に合格力育成テストや関西入試実戦模試と種類、日程ともに厳しくなってきます。
夏休みを上手く乗り切ることができなかった場合、9月以降のこのような既に身につけている力の活用を中心にしたハードスケジュールと上手く折り合っていくためには、受講されている本科教室、日曜日の特訓、家庭で行いたい学習の優先順位を明確にすることが重要だと考えられます。

どのようにバランスさせるかは、どのような単元に弱点があるのか、その程度はどの程度なのか、第一志望校に合格する為にはどのような力を手に入れることが必要でそのために何をすれば良いかなど、個々の現状によってこれから取組むことが左右されますので、至急、お通いの教室の先生など専門家とのご相談をもたれることをお勧めします。


Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.