中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 学習塾別攻略マニュアル -> 日能研編 -> Q.読書を通じて視野を広げてほしいので、本を好きになるように親として心がけることはありますか?

Q.読書を通じて視野を広げてほしいので、本を好きになるように親として心がけることはありますか?

読書を通じて視野を広げてくれると嬉しいなと思っています。子どもが本を好きになるように、親として心がけることはありますか?


お子さんが本好きなご家庭は、例外なくご家族も本が好きです。
全員ではなくても、本が好きな大人が家庭内に必ず一人はいるものです。
蛇足ですが、本好きになるかどうかは「遺伝」ではありませんよ。本を読むということに関して、一緒に楽しんでくれる人がいるかどうかが大切なのです。

ポイントは、「人はだれでも、おしゃべりが弾めば楽しい気分になる」ということです。おしゃべりが弾むのはどんな時ですか?「一緒!」「そうそう!」「分かる分かる!」って時ではありませんか?お子さんが、読んだ本について何か話をしてきたら、楽しく聞いてあげてください。
読んだ本について、気持ちよくおしゃべりすることができたら、お子さんはすぐに次の本を探すでしょう。
そしてお子さんは徐々に、ご家族とおしゃべりするだけではなく、本そのものと会話することができるようになっていきます。そうなれば立派な「本好き」ですね。
幸い、日能研の「本科教室」は良質な文章をたくさん掲載してくれています。問題を解こうと思わず、本科教室に載せられている文章を読んでいくだけでも、多くの文章に触れ、楽しめるチャンスが得られるでしょう。

カリテ、公開(センター模試)、実戦模試、などの各種テストも上手に活用して下さい。解答例には出典(書名、著者名)が示されています。
読んでみて興味を覚えた文章があれば、もとの本を読んでみるのも良いことです。


Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.