中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 学習塾別攻略マニュアル -> 日能研編 -> Q.日能研に通う小5生ですが、算数で式や計算をちゃんと書けず困っています。

Q.日能研に通う小5生ですが、算数で式や計算をちゃんと書けず困っています。

5年生の娘を日能研に通わせているのですが、式や計算をちゃんと書けず困っています。


■5年生までなら式を書かなくても答えは出せる

同じお悩みをお持ちのお母さんから毎年ご相談を受ける内容ですね!
正直な所、5年生内容までであれば、式や計算を書かなくても、計算ミスもなく、問題無しにいい点数を取ることができるお子さんは、かなり多くいらっしゃいます。
これは、問題を解く上で必要になる式が単純で、答えを出しやすい設定になっていることが多いからです。

さらに、5年生までのテストは、純粋に計算力を問いたい場合は計算問題で、解法知識を問いたい場合は文章題で、という構造になっていることが多い、という事も影響しています。

■日能研のお子さんの多くが陥る学習

多くのお子さん、特に日能研に通われるお子さんの多くは、もう答えが出ているのだから式を書くのは面倒だ、という気持ちから式をすっ飛ばしてしまう事が多いように見受けられます。

実は、日能研で高学年になって急に算数の成績が下がるのは、算数の問題をパターンで覚えてしまって、計算もパターン通りに当てはめるだけになってしまっているお子さんです。5年生の途中までは、この方法でもカリテなどでは点が取れるのです。テストにはテキストで習った同じパターンの問題が多いからです。

このお子さんたちは、5年生中盤から6年生になった時に、算数の成績がガタっと下がってしまいます。このタイミングで、式も筆算も丁寧に書いていないことが判明します。それまではパターンに当てはめるだけだったので、式を書きながら「どうしてこの式になるのか」を考えなくても答えを出すことができたからです。

■暗算をすることと式を書かないことは違う

成績が下がった理由がわかったからといって、式や計算を書く習慣を急に身につけさせることはできませんから、出来るだけ早い時期にしっかり式や計算を残す習慣を身につけさせるようにしたいものです。

だから 「暗算で答えが出せるし、面倒だから。」 というお子さんにも、 「計算は暗算でもいいから、式だけは書こうね。」 と言い続けてあげてください。

実は、暗算することそのものが問題なのではありません。 実際のところ、筆算も暗算のたし算や九九の計算の積み重ねですし、暗算で正確な答えが出せるのなら、それはむしろ良いことだともいえます。

しかし式を書くことは、自分がどんな手順で考えを進めたかのかという跡を残す作業です。
ですから、暗算で答えを出せれば式を書かなくて良いということではありません。 必ず式を書いて残せるように早い段階で習慣づけましょう。

■計算用紙の使い方を知ることも大切

塾によっては、算数のテストで計算用紙が配布されます。問題用紙に余白がじゅうぶんにあり、そこで計算するよう指示される場合もあります。いずれの場合でも、計算スペースの使い方を工夫し、計算ミスや数字の写し間違いがないよう注意することが大切です。

また、計算用紙や計算スペースを使う場合も、自分の考えをあとでたどることができるように書くことが大切ですね。

Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.