中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 -> 学習塾別攻略マニュアル -> 希学園編 -> Q.希学園に通う小5男子です。算数の復習テストで点数がとれなくなってきたので、小6までの1ヶ月で成績を改善するためのアドバイスをください。

Q.希学園に通う小5男子です。算数の復習テストで点数がとれなくなってきたので、小6までの1ヶ月で成績を改善するためのアドバイスをください。

希学園に通う小学5年生・男子の父親です。算数について、ご相談をお願します。
「速さ」の単元は何とか乗り切ったのですが、「水量とグラフ」、「図形の移動」あたりから復習テストの点数が平均点を大きく下回るようになり、今習っている「場合の数」では殆ど分からないと申しています。
受験学年である小6までの1ヶ月で算数の成績を改善するため、何にどう取り組めば良いのかアドバイスをお願いします。

夏まで順調に来られたお子様が、秋・冬に成績が急降下するケースの場合、下記のようなケースが想定されます。
お子様の状態がよりどちらに近いか、ご確認下さい。また、下記以外の場合は、お通いの塾など専門家とのご相談をなさって下さい。

① 視力をご確認ください。
視力の低下は、塾で黒板やホワイトボードに書かれたものをノートにとる時の負荷につながります。お通いの希学園のように授業進度の早い塾では、「説明を聞きながら、ノートを取る」という事が必要とされます。
この作業には、計り知れない集中力を必要としますが、『視力低下→ノートをとるのに負荷かかかる→説明を聞きもらす→聞き逃さないために板書を全て写さない→宿題プリントをする時に参考になるノートがない→宿題プリントの仕上げに時間が必要になる→長時間の学習で目に負担をかける→就寝時間が遅くなり、睡眠不足により塾での集中力が持続しなくなる→説明を聞きもらす→...』という悪循環にはまると大変です。
眼鏡(やコンタクトレンズ)を使用し、慣れ、小6の授業に備えることをお勧めいたします。

② 宿題のご様子や過去の宿題プリントをご確認ください。
ご相談の単元で困り始められた場合、問題を解く時に、(A) テキストに直接書き込みながら解いている、(B) 宿題プリントに立面図(水量とグラフ)、正確な図形の軌跡や頂点記号(図形の移動)、樹形図や場合分け(場合の数)が少なくまたは無く、式が目立つ、といった状態がしばしば見受けられます。
図形単元の学習では、「問題の図を宿題プリントに自分の手で書く→問題の条件や計算などによって分かった数値を図に書き込む」ことが、単元理解にとって重要です。
現在学習中といわれる「場合の数」においても、問題文から即座に式が立つ問題は限られています。
樹形図の作成や場合分けといった作業を通して、「これは計算でOK!」、「これは書き出さないと危険だな。」という力が養われていきます。
②の場合、ご相談の「1ヶ月」で成績を改善することは厳しいのですが、この1ヶ月で「宿題プリントの活用方法(宿題プリントの表表紙もご参考にされてください。)」を変え、小6の第1単元から「分かる!」と言えるような準備をしていきましょう。
Copyright (c) 2008- 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』 All rights reserved.